小田和正が贈る『クリスマスの約束』今年もスキマ、松たか子ら豪華歌手が共演

写真拡大

シンガーソングライター・小田和正による、クリスマス恒例のTBSのコラボレーションライブ番組『クリスマスの約束』。17回目を迎える今年は、12月25日(月)23時40分から放送する。

2001年の放送開始以来、深夜帯にもかかわらず常に高視聴率をマークしている同番組。これまで2度にわたりギャラクシー賞月間賞を受賞を受賞、さらに放送文化基金優秀賞を受賞するなど、「放送業界屈指の音楽特番」と称するに値する番組の一つと言われている。

今年の舞台は、千葉市・千葉ポートアリーナ。古希を迎えた小田を盛大にお祝いしようと、4万通を超える延べ10万人の応募の中から選ばれた3000人の観客が、小田をはじめ豪華アーティストたちの奏でる名曲に酔いしれた。

「アーティスト同士がお互いを認め、愛し、尊敬する」という共通の思いで、小田と共に番組を支え続ける仲間たち「委員会バンド」(小田が命名。メンバーは、小田、スキマスイッチ、根本要、水野良樹)は、3月に逝去したムッシュかまやつを偲び「あの時君は若かった」「我が良き友よ」「どうにかなるさ」など名曲をメドレーで披露。JUJU、松たか子、和田唱は小田と共にカーペンターズの名曲を披露したほか、それぞれ思い入れのある楽曲を小田と共に歌い上げた。このほか和田は、小田と選んだという映画音楽メドレーを、観客とのコーラスと共に披露し、その場を楽しんだ。

さらに今回は、シンガーソングライター・熊木杏里が番組初登場。 スタート当初から番組を見ていたという熊木は、小田のギター伴奏でのびのびと楽曲を披露していた。