故障者/横浜=齋藤、山中 C大阪=R・サントス、関口、温井
出場停止/横浜=なし C大阪=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ32節
横浜F・マリノス-セレッソ大阪
11月18日(土)/14:00/日産スタジアム
 
横浜F・マリノス
今季成績(31節終了時):5位 勝点55 16勝7分8敗 41得点・30失点
 
【最新チーム事情】
●ふくらはぎ痛で離脱していたマルティノスは高知キャンプから合流し、試合に向けて調整している。
●高知キャンプで山中が左太もも裏を負傷。左SBは下平の先発が濃厚に。
●右膝を痛めていたH・ヴィエイラが13日に再来日。翌日の練習から合流し、C大阪戦ではベンチ入りする可能性も。
●チーム状況と対戦相手の性質を踏まえ、栗原や扇原が先発に名を連ねる可能性が高い。
 
【担当記者の視点】
 目標のACL出場権獲得のためには、負けられない一戦。相手はルヴァン優勝で勢いがあるだけに、いつも通り、まずはしっかりと守備から入り、手堅いサッカーで勝利を掴みたい。
 
 注目は、左SBでの先発が予想される下平。これまでは怪我人などチーム事情により不慣れな右SBでプレーしていたが、今節は主戦場に戻りそう。利き足の左足をフル活用し、巧みなビルドアップや正確なクロスでチャンスを演出してほしい。
 
 怪我から復帰したチーム得点王のH・ヴィエイラにも期待。ベンチスタートとなりそうだが、途中出場から勝負を決定づけるゴールを期待したい。
J1リーグ32節
横浜F・マリノス-セレッソ大阪
11月18日(土)/14:00/日産スタジアム
 
セレッソ大阪
今季成績(31節終了時):3位 勝点57 17勝6分8敗 58得点・40失点
 
【最新チーム事情】
●杉本&山口が日本代表の欧州遠征から帰還。
●韓国代表GKキム・ジンヒョンも、代表活動を終えて合流。
●R・サントスが14日のトレーニング中に負傷。右膝内側側副靭帯損傷で、全治3週間。
 
【担当記者の視点】 
 現在ACL出場圏内の3位につけているC大阪にとって、勝点2差の5位・横浜との一戦は、極めて重要になる。11月4日にルヴァンカップを制覇したことで、チームの雰囲気が非常に良いのは好材料だ。この大一番に向け、ユン・ジョンファン監督は「基本はルヴァンカップのメンバー」と先発を示唆している。
 
 とはいえ、懸念は杉本、山口、キム・ジンヒョンといった代表組のコンディション。特に山口は欧州遠征のブラジル戦(11月10日)、ベルギー戦(同14日)にフル出場。このMFの疲労度は気になるところで、ハードワーク戦術の要でもあるダブルボランチの一角が機能しないようだと、中盤に扇原ら技巧派が揃う横浜にゲームを支配される可能性がある。交代カードをうまく活用しながら、試合の主導権を握りたい。