金沢、MF秋葉勝との契約を満了…大田康介ら他6選手も併せて発表

写真拡大

 ツエーゲン金沢は17日、MF秋葉勝、GK原田欽庸、DF太田康介、DF阿渡真也、DF嶺岸佳介、MF星野有亮、MF富田康仁との契約満了に伴い、来季の契約を更新しないと発表した。

 秋葉は1984年生まれの33歳。モンテディオ山形ユースから2002年にトップチームへ昇格した。2015年金沢へ期限付きで加入。昨年はFC岐阜へ移籍すると、今季から金沢へ復帰している。今季は明治安田生命J2リーグ第41節終了時点で4試合に出場。通算ではJ1で87試合で4得点、J2で337試合で26得点を記録している。

 秋葉と他6選手は以下の通りにコメントを残している。

秋葉勝
「2年半の間ありがとうございました。昨年チームを離れ、また戻ってきた時に温かく迎えいれてもらえて嬉しかったです。今シーズンはチームに貢献することができず悔しかったですが、いいときも悪いときも温かく応援してくださり力になりました。この経験をこれからの人生に活かしていきたいと思います。本当にありがとうございました」

原田欽庸
「ツエーゲン金沢でのプレーは、今シーズン限りとなりました。4年間という短い間でしたが、熱い応援ありがとうございました。J3の時からツエーゲン金沢に加入させてもらい、J2昇格をサポーターのみなさん・選手・コーチ・監督と分かち合えた事が僕の最高の思い出です」

太田康介
「まずは4年間、どんなときもたくさんの応援ありがとうございました。J3で優勝し、ツエーゲン金沢をJ2に昇格させたこと、そしてチームをJ2に残すことで、自分の持っている最大限の力をこの金沢で出しきったと思っております。この先ツエーゲン金沢がJ1に上がり、飛躍してくれることを期待しております」

阿渡真也
「5年間在籍させてもらい、色々な経験をできたことは僕の財産です。またどんな状況でも応援してくださったサポーター、パートナーの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。ツエーゲン金沢がJ1に上がり、さらに素晴らしいクラブになることを願っています。本当にありがとうございました」

嶺岸佳介
「この4年間良い時も悪い時も、いつも温かい声援を送り続けてくれたファン・サポーターの皆様には本当に感謝しています。1年目のJ3初年度優勝にはじまり、沢山の経験をさせてもらえたこと、素晴らしい仲間に恵まれたことは僕にとって財産になりました」

星野有亮
「3年間という短い時間でしたが、ツエーゲン金沢の一員として戦えたことを誇りに思います。またサポーターの皆様、いつも温かい声援を送っていただきありがとうございます」

富田康仁
「ツエーゲン金沢という素晴らしいクラブで5年間プレーさせていただき、本当に幸せな日々でした。どんなときも温かく全力で応援してくださったサポーター・パートナーの皆様には、ただただ感謝しかありません。本当にありがとうございました。在籍した5年間色々な事がありましたが、JFL・J3・J2という道を、このチームと共に歩めたことは僕の誇りであり、とてつもなく大きな財産です」