【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル中央地検は、朴槿恵(パク・クネ)前政権で経済副首相兼企画財政部長官を務めた野党・自由韓国党の崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)国会議員が、在任時に情報機関・国家情報院(国情院)の特殊活動費1億ウォン(約1000万円)余りを受け取った疑惑に絡み、近く崔氏を事情聴取する計画のようだ。捜査当局が17日、伝えた。

 検察は、国情院が特殊活動費を流用する形で青瓦台に裏金を上納していた事件を調べるうちに、同院が崔氏にも金銭を渡した状況をつかんだ。国情院は予算での便宜を期待していたため、この金銭は賄賂に当たるとみている。

 崔氏の聴取の結果、この金銭が国情院の意図した通りほかの国会議員へのロビー活動に使われたと把握されれば、多数の政治家に捜査が広がる可能性も指摘される。

 崔氏側は国情院の特殊活動費を受け取ったことはないと疑惑を強く否定している。