AKB48 渡辺麻友が全うした“アイドル”の姿 ラストセンター曲「11月のアンクレット」から読む

写真拡大

 AKB48が、リリースを来週に控えた50枚目のシングル曲「11月のアンクレット」を、本日『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にて披露する。この曲は、今年いっぱいでグループを卒業する渡辺麻友のセンター曲であり、10年余りの年月を“アイドル”として全うし続けてきた、彼女のラストに相応しい楽曲である。

(関連:“純AKB48”の後輩たちがグループを守る? 渡辺麻友卒業シングル選抜から見えた未来への課題

 「11月のアンクレット」を作曲したのは、同じく渡辺がセンターを務めた「ラブラドール・レトリバー」も手がけた丸谷マナブ。オールディーズの懐かしさと、美しいコーラスからなるナイアガラ・サウンドを彷彿とさせる曲調だ。さいたまスーパーアリーナで開催された渡辺の卒業コンサートでも披露された「11月のアンクレット」は、ほか歌番組でも続々とパフォーマンスされている。『BOMB』12月号で、柏木由紀はこの楽曲について「まゆのアイドルの部分が全部詰まってる感じ」と答えているが、その“アイドルの部分”は楽曲の振付と演出にある。

 渡辺がセンターから一人前進していくサビでは、両脇に並ぶメンバーが代わる代わる渡辺を見送るかのように歌い踊っていく。サビ終わりのDメロでは、渡辺がステージの中央でクルクルと舞踏しながら<思い出はいつか/どこかで片付けるつもり>と歌う。そして、曲のラストで渡辺はステージにマイクを置き、後方に下がるとそこには指原莉乃と柏木が待つ。山口百恵の引退から脈々と受け継がれるこのマイクパフォーマンスは、王道アイドルのイメージを守り続けた渡辺ならではの演出。そして、マイクを置いた先に旧チームBから苦楽を共にしてきた指原と柏木の2人が待っているのは、これからも変わらない3人の関係を想像させる。

 また、特筆したいのは、『ミュージックステーション』には小栗有以の出演もアナウンスされていることだ。渡辺は卒業するにあたって、これから期待する後輩メンバーの一人に小栗を挙げており、自身の卒業コンサートでも様々な場面で彼女をフィーチャーした演出を取り入れた。「11月のアンクレット」において、小栗のポジションは3列目の渡辺の真後ろ。カメラ位置的にも目立つ位置におり、渡辺とペアになる瞬間も設けられている。「11月のアンクレット」は渡辺のアイドル人生を象徴した楽曲であると同時に、AKB48のバトンが受け継がれる様を描いたパフォーマンスでもあるのだ。

 師走には、『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)や『日本レコード大賞』(TBS系)などの年末歌番組への出演が決定しているAKB48だが、10回目となる『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)への出場も発表された。渡辺は、12月26日にAKB48劇場にて卒業公演を行った後、大晦日の紅白がラストのステージとなる。指原は紅白出場決定を受け、Twitterに「まゆちゃんと思い出作れたらいいなあ」と思いを募らせている。先日放送された『ベストヒット歌謡祭』(日本テレビ系)では、指原と柏木がラストに花束を贈るサプライズがあったが、紅白の大舞台で渡辺はどのようなラストステージを見せてくれるのだろうか。(渡辺彰浩)