11月16日、AbemaTV(アベマTV)にて極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱がMCを務める『極楽とんぼKAKERUTV』(毎週木曜よる9時〜10時)が放送。「おっさんの理解力にカケル 極楽とんぼどっちがわかりみ」という企画が開催され、女子高生とのジェネレーションギャップに、加藤が大声を張り上げるという場面があった。

 同企画は、現役の女子高生の気持ちを極楽のどちらが理解しているか、クイズを通して試すという内容。極楽の回答に対して女子高生から「それわかる!」と理解を得られた方が勝利となる。加藤に火が付いたのは、「今キテるイケメンは?」という問題。

 加藤は「竹内涼真」、山本は「星野源」と回答。女子高生からすると、星野はもうすでに定番化しているため、加藤の回答のほうが「今キテる」という意味ではわかるということで勝利した。納得のいかなかった山本は「メンディー!」とあとからEXILE兼GENERATIONSの関口メンディーの名前を挙げるも、メンディーはすでに定番のどイケメンということで女子高生から理解を得られなかった。さらに、加藤が「真剣佑とかさ」と俳優の新田真剣佑の名前を挙げると、女子高生は「あ〜〜〜」と納得した様子だった。

 では、女子高生に流行中のイケメンは誰なのか。モデルで俳優の「太田光る」という名前が挙がると、加藤は「キテるなんてぜんぜん聞いたことない!」と異議を唱える。MCの向井慧が「キテるんですから」と念を押しても「俺はキテるのを聞いたことがない」の一辺倒で、向井は加藤に対して「そもそも加藤さんの『真剣佑』のイントネーションが気になっているんですが、なんて言ってます?」と指摘。

 加藤が「まっけん ゆう」と少し変わったイントネーションで発音すると、女子高生たちが「違う違う」と笑いだし、加藤は「お父さん誰か知ってる?」と反対に女子高生に対して質問をぶつけた。

 女子高生たちが「わかんないです」「知らないです」と答えると加藤は「バカ言うんじゃないよ!真剣佑のお父さんも知らないで、真剣佑いいって言ってるの?なにやってるんだ、お前ら。だからお前らはバカって言われるんだよ!バカだよ!」と大声を張り上げ「千葉真一さんよ。お父さん」と説明。しかし、女子高生たちはピンとこない様子で、最終的に加藤は「そこもチェックしておかないとダメよ!」と注意を促した。

(c)AbemaTV