江口のりこ、猫の声でドラマ出演

写真拡大

女優の江口のりこが、11月17日放送の『セトウツミ』(テレビ東京系、毎週金曜24:52〜)第6話で、猫の声を担当することがわかった。

「別冊少年チャンピオン」にて連載中で、2016年に映画化もされた『セトウツミ』を、今回連続ドラマ化。関西に住む2人の男子高校生・瀬戸(葉山奨之)と内海(高杉真宙)が放課後に河原でまったりと“喋るだけ”という一風変わった青春物語だ。映画版からキャストを一新し、新しいエピソードがたっぷりと盛り込まれているだけでなく、映画には登場しなかったハツ美ちゃん、田中君、馬場君、ゴリラ先生など、原作でも人気の多彩なキャラクターも大活躍する。

第6話では、「スマホの調子が悪いとカスタマーセンターに電話する瀬戸と内海。すぐ目の前で野球部の馬場(田中偉登)が素振りをしているのに、なかなか顔が覚えられず……」「瀬戸、内海、馬場、田中(森永悠希)が河川敷で草野球。そこに樫村(清原果耶)やハツ美(片山友希)、猫(声・江口)も登場して様々な思惑が渦巻く……そして迎える衝撃の結末!」の2編が放送される。