西野カナ、USJでサプライズ・クリスマスライブ「本当に貴重な体験」

写真拡大

西野カナが11月16日、大阪・ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて一夜限りのスペシャルライブ<西野カナ Christmas Live in Universal Studios Japan>をサプライズ開催。11月10日にお披露目されたばかりで、「人工クリスマス・ツリーに飾られた電飾の最多数」としてギネス世界記録にも認定(※)された新クリスマス・ツリーとのコラボレーションステージが実現した。

◆西野カナ ライブ画像

壮大なスケールで連日多くのゲストを魅了するクリスマス・ライブショー<天使のくれた奇跡III〜The Voice of an Angel〜>開催後、西野の登場がアナウンスされると会場からはどよめきの声が上がる。ゲストの前に登場した西野は、清らかなブライダルソング「Dear Bride」を歌うと、ツリーはまるで天使が舞い降りたように透き通る白銀の光を放った。続いて、アップテンポなラブソング「トリセツ」からは、ツリーの表情も一変して鮮やかな色彩がきらめき全く違う表情に変化し、最新曲で心温まるバラード「手をつなぐ理由」では、西野の歌声に合わせてツリーが深いグリーンに姿を変え、会場全体がクリスマス一色の温かな気持ちに包まれた。

西野は、新クリスマス・ツリーが自身の歌声と歌詞に共感し、まるで感情を持っているかのように次々とその姿を変えるさまに、「無限に姿を変える世界一の素敵なツリーの前で歌うことが出来て、本当に貴重な体験をさせていただき幸せでした」とコメント。

また、ステージの前日には2大ウインター・イベントの一つであり、魔法界に登場した壮大な新キャッスル・ショー<ホグワーツ・マジカル・ナイト 〜ウインター・マジック〜>を体験していたそうで、「ホグワーツ城が見えただけで感動しました。そこから更に壮大な魔法がかかって、本当に幸せな時間を過ごす事が出来ました」と感想を述べ、「こんなロマンチックな場所で歌を聞いていただくことが出来て、本当にありがとうございます」と、 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの冬のひとときを心から楽しんだ様子を見せた。

※「Most lights on an artificial Christmas tree /人工クリスマス・ツリーに飾られた電飾の最多数」としてギネス世界記録認定(57万546個、 2017年10月26日現在)