画像提供:マイナビニュース

写真拡大

11月16日、ボジョレー・ヌーヴォーが解禁された。昨日の「ボジョレー・ヌーヴォー2017は『エレガントで魅惑的なワイン』」に続く今回は、ソムリエがヌーヴォー5種を早速試飲し、その味わいを詳細にご紹介する。

○今回試飲するワイン5種

今回試飲したのは、サントリーの「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2017」「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー 2017」「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー ヴィアンド グルメ 2017」「ジョルジュ デュブッフ マコン・ヴィラージュ ヌーヴォー 2017」(白)、「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ロゼ ヌーヴォー ボジョレー パーティ 2017」(ロゼ)の5種類。気になるその味を見てみよう。

○「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2017」

まずは、「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2017」(税別2,460円)。色は輝きのあるバイオレットで、ブルーベリーやスミレの花のような香り。フルーティーな酸味と苦味を併せ持ち、ローストビーフのような冷製の肉料理やスペアリブに合うだろう。

○「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー 2017」

続いては、ボジョレー地区北部38村の中で、特に良質なぶどうが採れるヴィラージュ地区の「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー 2017」(税別2,760円)。濃いルビー色で、煮詰めたプルーンを思わせた香りがグラスに広がる。深みのある酸味と多めのタンニンが特徴的だ。ビーフシチューやビーフストロガノフなど、濃いソースで煮込んだ肉料理にはうってつけだ。

○「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー ヴィアンド グルメ 2017」

今年から新しく登場した「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー ヴィアンド グルメ 2017」(税別2,560円)は、「ボジョレー ヌーヴォー 2017」と同じ輝きのあるバイオレット色。スミレの花やブラックチェリーや黒こしょうを思わせる香りに、はつらつとした酸味とスパイス感が加わっている。肉との相性がよく、ビーフステーキやローストポークなどの焼いた肉などがオススメ。

○「ジョルジュ デュブッフ マコン・ヴィラージュ ヌーヴォー 2017」

白のヌーヴォーには、マコネー地区で作られた「ジョルジュ デュブッフ マコン・ヴィラージュ ヌーヴォー 2017」(税別2,760円)が登場。薄いレモンイエローで、オレンジのようなかんきつ系とパイナップルやマンゴーのようなトロピカルフルーツ系の香りが感じられる。まずフレッシュな酸とふくよかな甘味、そして最後には心地よい苦味が残る。調理した魚料理はもちろん、パエリアやピザなどの料理にも合いそうだ。

○「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ロゼ ヌーヴォー ボジョレー パーティ 2017」

最後は、淡めのサーモンピンク色の「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ロゼ ヌーヴォー ボジョレー パーティ 2017」(税別2,560円)。香りは、バラの花や日本のさくらんぼといった華やかさが目立つ。長く続くパンチのある酸味と苦味のバランスがよく、魚のカルパッチョやトマトソースを使った料理に合わせたい味わいだった。

「乾燥」に悩まされながらも、収穫前の恵みの雨によって、最後はみずみずしさを取り戻せたという今年のボジョレー・ヌーヴォー。秋の風物詩として、ぜひ今年の味わいを楽しんでみてほしい。