「寂しがり屋だから、途中で帰って欲しくないもん!!」と答える塚本高史に「わがままだな!(笑)」とツッコむ有吉弘行

写真拡大

11月16日(木)放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に、塚本高史がゲスト出演。ライブでファンがメンバーへ送るかけ声・MIXに挑戦し、SNSをも沸かせた。

【写真を見る】地下アイドルの曲に合わせてハイテンションなMIXを披露した塚本高史

14年前にドラマ「木更津キャッツアイ」(2002年放送、TBS系)で共演した櫻井翔と塚本が約5年ぶりに再会。「楽しかったね〜」と当時を振り返る櫻井と共に懐かしむ塚本だが、当時の共演者や俳優同士での付き合いについては「つるまないね、僕は!」と断言。「1回誘ったら最後まで一緒にいたいから。気を使ってまで一緒にいるってのが、たぶんダメなんでしょうね」と、多忙な仕事であることを知るがために同業者との食事は一切断っていると語った。そこで小倉優子が「もう時間になったら帰るねって…」と尋ねたところ、塚本は小倉の言葉を遮ってまで「ヤダヤダ!俺、帰って欲しくないもん!!寂しがり屋だから」と即答。有吉弘行が「わがままだな!(笑)」とつっこみ、櫻井も「寂しがり屋だからね(笑)」とからかってスタジオを沸かせた。

そんな寂しがり屋の塚本は、バンドのメンバーが度々勧めてくるために地下アイドルが気になりだしたとのこと。そこで番組オススメのアイドル・絶対直球女子!プレイボールズ(篠塚つぐみ、観月彩恵、小野村果歩、木原美空、石田千紘、大熊こころ、奥愛梨)がスタジオに登場。楽曲から振り付けまで野球にこだわったユニットで、関西学生女子ソフトボールリーグで盗塁王となった石田や栃木選抜女子リーグ代表に選ばれた現役ピッチャーの大熊の他、元野球部・ソフトボール部といった野球に関わりのあるメンバーがそろう。スタジオではプレイボールズファンがコールや振り付けを塚本に伝授し、いざライブ初体験。塚本はぎこちないながらも曲に合いの手を入れ、さまざまなライブで耳にするMIXにも挑戦し「イェッタイガファイボワイパー!」とノリノリ。曲の最後にはメンバーが投げたサインボールを見事キャッチしてファンとハイタッチを交わすなど、勢いに飲まれながらも一体感を味わった塚本は「(サインボールを)取った! 楽しいわぁ」と語った。番組放送後、SNS上では塚本のMIXシーンが話題となり、プレイボールズもTwitterでトレンド入りするなど、塚本×アイドルという意外な組み合わせが注目を集めた。

次回は11月23日(木)夜10:00より放送予定。ゲストは近藤真彦、中条あやみ、ゆりやんレトリィバァが登場する。(ザテレビジョン)