仙台、ホーム残り2試合のチケット完売を発表…大宮戦と横浜FM戦

写真拡大

 ベガルタ仙台が、明治安田生命J1リーグ第32節・大宮アルディージャ戦と第33節・横浜F・マリノス戦のチケットが予定販売枚数終了となったことを発表した。

 残り3節となった今季の明治安田生命J1リーグで、仙台のホームゲームは2試合。今月18日14時キックオフの大宮戦と26日13時キックオフの横浜FM戦はともにユアテックスタジアム仙台にて開催されるが、いずれもチケットが完売となった。

 仙台は両試合について「前売チケットが全席種完売になりましたので当日チケットの販売はございません。S指定席南、自由席南の前売チケットも完売となりましたので、当日限定の割引チケット(シルバー割引、身障者割引)の販売はございません」と報告。「現在『予約中』の枚数も含め完売となっております。『予約』がキャンセルされた場合は随時チケットぴあで再販売を行うことがございます」とも伝えている。

 3試合を残してJ1残留を決め、渡邉晋監督の続投も発表した仙台。満員のユアスタで戦えるホーム残り2試合で連勝を果たし、少しでも上の順位で今季を締めくくりたいところだ。なお、12月2日の最終節ではヴァンフォーレ甲府とのアウェイゲームを控えている。