米ニューヨークにあるメトロポリタン美術館のコスチューム・インスティチュート主催の展覧会に出席した女子テニスのセレーナ・ウィリアムス(右)とアレクシス・オハニアン氏(2017年5月1日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】女子テニスのスター選手セレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)とソーシャルニュースサイト「レディット(Reddit)」の共同創業者アレクシス・オハニアン(Alexis Ohanian)氏が16日、米ニューオーリンズ(New Orleans)で結婚式を行い、芸能界などから大勢の著名人が出席した。

 式の詳細についてはメディアに伏せられていたが、会場のニューオーリンズ現代美術センター(Contemporary Arts Center New Orleans)では、米歌手ビヨンセ(Beyonce)さんやシアラ(Ciara)さん、ファッション誌「ヴォーグ(Vogue)」編集長のアナ・ウィンター(Anna Wintour)さん、米リアリティー番組などで有名なキム・カーダシアン(Kim Kardashian)さん、女優エヴァ・ロンゴリア(Eva Longoria)さんらの姿が見られた。

 米芸能誌ピープル(People)や英紙デーリー・メール(Daily Mail)によれば、約250人のゲストが招待されたというこの日の結婚式当日は、早朝から作業員があわただしく準備を進めるなか、黒のスポーツ用多目的車(SUV)でゲストが会場入り。明け方まで続くと予想される式には厳戒態勢が敷かれ、ジャズミュージックや料理、盛大なカーニバルなどで知られるニューオーリンズの一画は、全面的に通行止めとなった。

 また、芸能情報サイト「ET」によると、今回の結婚式はディズニー(Disney)映画の『美女と野獣(Beauty and the Beast)』がテーマにされているといい、同サイトはセレーナの姉ヴィーナス(Venus Williams、米国)が15日未明に会場を去る姿を報じていた。

 デーリー・メールによれば、100万ドル(約1億1000万円)を超える費用で催される結婚式の詳細は参加者にも当日朝まで秘密にされており、ヴォーグ誌と写真の独占契約を結んでいることで、ゲストは携帯電話の持参が禁止されているという。

 四大大会(グランドスラム)通算23勝を誇る36歳のセレーナと34歳のオハニアン氏の間には今年9月1日、第1子となる娘アレクシス・オリンピア(Alexis Olympia Ohanian)ちゃんが誕生している。

 2人は2015年にイタリア・ローマで知り合った後、昨年12月に婚約を発表。セレーナは妊娠中だった今年の全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2017)を制し、出産からわずか4か月半後に行われる2018年大会で連覇を目指している。
【翻訳編集】AFPBB News