16日、環球時報によると、東京都在住の中国人女子留学生、江歌さんが殺害された事件で、江歌さんの母親が殺人容疑で逮捕、起訴された陳世峰被告の死刑を求める署名活動を行っている。資料写真。

写真拡大

2017年11月16日、環球時報によると、東京都在住の中国人女子留学生、江歌(ジアン・ガー)さんが殺害された事件で、江歌さんの母親が殺人容疑で逮捕、起訴された陳世峰(チェン・シーフォン)被告の死刑を求める署名活動を行っている。ネット署名は約200万人分に達したそうだ。

江歌さんは昨年11月3日、ルームメートの元交際相手で中国籍の陳被告に刺殺された。東京で来月11日に裁判が行われる予定で、江歌さんの母親の江秋蓮(ジアン・チウリエン)さんは先日から日本に滞在して署名活動を実施。記事によると、この事件に注目してきたアジア通信社の徐静波(シュー・ジンボー)氏は実地での署名活動でこれまで多くの人が秋蓮さんに賛同したことを紹介し、ネット上でも200万人近い人から署名を寄せられたことを説明。署名は裁判に大きな影響はないが、裁判官にとって一定の参考価値があるとの見方を示したという。

記事は「陳被告に死刑または無期懲役の判決が出る可能性は低い」とする指摘があることを伝える一方、これまで日本で中国籍の被告に死刑が言い渡された例があるとも伝えている。(翻訳・編集/野谷)