「連続ドラマW 監査役 野崎修平」は2018年1月14日(日)よりWOWOWプライムで放送

写真拡大

2018年1月14日(日)よりWOWOWプライムで放送される「連続ドラマW 監査役 野崎修平」(毎週日曜夜10:00-終了時間未定)。今回新たにユースケ・サンタマリア、瀧本美織、駿河太郎、小林且弥、三浦誠己、利重剛、松尾諭、小市慢太郎、本田博太郎、勝部演之、田島令子、山本圭、甲本雅裕、西田尚美、宇梶剛士、光石研の16人が出演することが明らかとなった。

【写真を見る】「踊る」シリーズをほうふつとさせる織田裕二とユースケ・サンタマリアの共演シーン!

原作は、周良貨・能田茂の同名経済漫画。バブル経済が崩壊し、“金融ビッグバン”に銀行業界が直面した1990年代末を舞台に、正義を貫くため奮闘する一人の銀行員・野崎修平(織田裕二)の活躍を描く物語。

織田演じる野崎修平のかつての部下で、現在は上司となる阿部龍平役のユースケ・サンタマリアと野崎修平を演じる織田からコメントが届いた。

■ ユースケ・サンタマリア コメント

織田さんとの共演も出演を決めた一つの大きな理由です。僕が演じる阿部は野崎さんの後輩だけど、先輩の彼より出世しているという「踊る」をほうふつとさせるスパイスとして見てもらえたらと思います。そんな僕と織田さんのシリアスながらも丁々発止のやりとりがある、粋な芝居も楽しんでいただければと思います。

■ 織田裕二 コメント

ユースケと「踊る大捜査線」の青島と真下という役以外で一緒にやるのはドラマ「ロケット・ボーイ」(2001年フジテレビ系)以来なので、久しぶりです。

彼が屈折した役を見るのは初めてなので、「こんな表情をするんだ」と驚きながら演じています。人が良くて裏切れなさそうなユースケが阿部を演じるのは面白いですね。撮影の序盤で気心が知れたユースケと演じられたのは助けられました。二人で面白いシーンができればと思います。(ザテレビジョン)