本田圭佑、香川真司、岡崎慎司(左から)の有用性は、彼らが不在だった欧州遠征で際立って見えた【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

固まり始めた守備の形。一方で攻撃面は…

 本田圭佑、香川真司、岡崎慎司とい重鎮3人が、11月の日本代表メンバーから漏れた。ブラジルやベルギーと対戦する重要な欧州遠征だっただけに衝撃は大きく、長きにわたって日本を支えてきた選手たちにはW杯への道が断たれたようにも見える。だが、現実は違っているかもしれない。経験方は3人はいまだに重要な戦力だ。(取材・文:河治良幸【ブルージュ】)

--

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は欧州遠征での2試合を終え、「この2試合を通して、いろいろな結論を導き出すことができた」と語った。

 今回はロシアW杯の組み合わせ抽選でポット1に入ることが確定している強国との連戦で、現在地をはかる意味合いも強いが、もう1つはチームの軸の部分を固めながら、どういったオプションが必要になってくるかを想定するのに有効なヒントがたくさん見つかったのではないか。

 現時点の評価でチームに戦術的な引き出しがないという声も聞かれるが、前回ブラジルW杯のアルジェリア代表でもこの時期まではベース作りで、そこからオプションのブラッシュアップをはかり、数人の新しい選手を組み込んでいることを踏まえて評価するべきだろう。興味深いのは新戦力だけでなく、一度外した主力を戻した例も少なくないということだ。

 その理由はコンディションかもしれないし、すでに実力が分かっている彼らより別の選手をテストして、最終選考に向けて振るいにかけたかったのかもしれない。もちろん就任後にフランスのアンダーカテゴリーで代表経験がある選手をルーツであるアルジェリアのA代表に引き入れるなど、日本と異なる強化事情もあるので一緒くたにできないが、全てはW杯本大会で結果を残すために、そうしたことも躊躇なく行う監督だということを認識するのに大いに参考になる。

 それを踏まえて欧州遠征のメンバーを見ると、本田圭佑、香川真司、岡崎慎司という現代表で得点ランキングの上位を占める3人を外し、若手やフレッシュな選手を招集した。一方で、川島永嗣、吉田麻也、長友佑都、酒井宏樹といった従来の主力が先発出場していた。

 膝に不安を抱えるキャプテンの長谷部誠はブラジル戦しか出場しなかったが、特にメンタル面で外せない存在として信頼は揺らいでいないはずだ。その長谷部が今回のメンバー選考について「監督が決めること」と前置きしながら見解を語った。

「全体的に見ると後ろの守備陣はそんなに変わっていないというのはあるので、監督の中では前の組み合わせとか、そういうところでまだまだ競争意識をあおっているなというのを感じますし、もちろん後ろの選手も結果を出さなければ、ましてこういう強いチーム相手に初めて後ろも評価される。これまでそんなに後ろが評価されるような対戦相手とはそこまでしてなかったので」

本田、香川、岡崎はあくまでオプション。それでも有用性は高い

 つまりは守備陣はW杯最終予選を戦ってきたメンバーが、“ハリリジャパン”として初めて経験する世界トップレベルの強豪を相手に、どこまでやれて、何を得られるかの見極めが必要だった。攻撃陣はむしろ今から固定させることなくオプションの可能性を広げ最後に必要なチョイスができるようにしているのだろう。

 欧州遠征に参加する日本代表メンバー発表の会見で、「なぜ彼らを外したのか?」という質問が出た時に前月の合宿での問題を先に話した後で「パフォーマンスが良ければ名前に関係なく招集する。オーガナイズ、システム、プラン、タクティクスチョイスで変わる」と語ったのだ。

 当時、多くの記事はパフォーマンスの方に引っ張られる傾向が見られたが、その後にあげた4つの言葉にこそ、本田、香川、岡崎が外れた理由の大きなところがあるように思う。つまり彼らが決して見限られたわけではなく、今後も状態が良ければ呼ばれる選手であったとしても位置づけはオプションということだ。

 それがファーストチョイスなのかセカンドチョイスなのかは他の候補との兼ね合いもあるが、ベースではなくオプションの選手であり、今回は別のオプションがテストも兼ねて優先されたということになる。

 攻撃陣でも大迫勇也や原口元気はよりベースに近い存在として信頼されているように思われる。逆に言えば、彼らからオプションとしてのプラスアルファは見出しにくい。むしろ躍進のカギを握るのはどれだけ効果的なオプションを、「タクティクスチョイス」を想定して持てるかが、互角以上の実力の相手を打ち負かせるかどうかの大きなポイントになってくる。

 前半の3失点から後半に何とか巻き返したものの、GKを変更し、全体的にもテンポをスローダウンさせたブラジルからセットプレーの1点しか取り返せなかったブラジル戦、良い守備から何度かチャンスを作りながらノーゴールで敗れたベルギー戦を総合的に見ても、本田、香川、岡崎は国際試合の経験値も含め、有用性が高いということは改めて認識されたはずだ。

鍵を握る12月のW杯組み合わせ抽選。その結果により“ビッグ3”再招集も

 本田は速い攻撃の中でも高い位置にタメを作ることができ、勝負所でプレー精度を落とさずアシストやフィニッシュが狙える。香川は相手の守備のプレッシャーを掻い潜りながら、良い時は普通の選手が突けない狭いスペースで決定的な仕事ができる。岡崎は起点になるプレーと裏へ飛び出す動きを精力的にこなせ、周りの仕掛けにタイミングを合わせるのがうまく、持久力の高さと研ぎ澄まされた観察眼でセカンドボールに飛び込める。

 ただ、本田は第一に相手の裏を狙いたい試合では右サイドのファーストチョイスにしにくく、香川は高い位置からハメるプレスはうまいが、中盤にブロックを作る守備が求められる場合にデュエルが多く発生すると直接ボールを奪えない弱みが出やすい。

 岡崎の場合はハリルホジッチ監督の求める1トップ像に見合わず、大迫勇也が固定的に起用される状況でジョーカー的な位置づけにならざるをえない。そうなると、高さが武器の杉本健勇などの方が違いを生みやすい部分もある。

 ただ、指揮官が“第3のオーガナイズ”として挙げる2トップを採用する試合では大迫と並び立つこともあるかもしれない。香川にしても高い位置からプレッシャーをかけやすい相手が同じ組に入れば、スタメンとして計算されやすくなる。本田は相手CBが屈強で大迫1人では背負い切れない場合に、第2のターゲットマンになることで前線に起点を確保できる。

 ハリルホジッチ監督はアルジェリアを率いてベスト16に進出したブラジルW杯でも試合ごとに4、5人の先発メンバーを変更し、それぞれの相手に合ったオプションの効果が実を結んでいる。それだけに12月の組み合わせ抽選会を受け、W杯本大会でどういう相手を想定した強化プランになっていくか、それに候補の選手がどう応えていくかで最終メンバーも変わってくる。

 少なくとも今回の欧州遠征では攻撃陣が明確な結果を出せなかったことで、海外遠征が見込まれる来年3月の2試合で、本田、香川、岡崎の3人に再びチャンスが回る可能性はかなり高いと見ている。

(取材・文:河治良幸【ブルージュ】)

text by 河治良幸