SUBARU(スバル)のフラッグシップモデル「レガシィ」は、2017年10月に実施されたマイナーチェンジによりD型に進化しました。

フロントフェイスやリヤバンパー、ホイールの意匠などを変更したビッグマイナーチェンジといえるD型レガシィでは、トランスミッション(CVT)の変速比幅の拡大やショックアブソーバーの設定変更などにより、走りも洗練されています。さらにスバルのコア・テクノロジーといえる先進安全技術「アイサイト」も設定上限を135km/hにするなど、機能も進化させているのがポイント。

そんな最新のフラグシップモデルに、おそらく日本最北端にある同社の美深テストコースにて試乗することができました。まずは高速道路を模した周回路で、アイサイトの進化を体験することにします。

将来的に高速道路の速度上限が120km/hになる可能性を考慮して、ターゲット速度の設定値を135km/hまで引き上げるといった機能拡張を果たしたアイサイト。路面の白線(区画線)を認識して車線中央維持を行なう「アクティブレーンキープ」も備わっています。

ステアリングに手を添えている必要はありますが、それなりに曲がっているテストコースでも、自動操舵的なアドバンテージは実感できます。ただし、120km/hで「アクティブレーンキープ」に任せて走行していると若干の不安感も出てきます。また、60km/h以下では機能はキャンセルされてしまいます。

このあたりは早急に「アイサイト・ツーリングアシスト」の採用を望みたいところです。

とはいえ、今回のマイナーチェンジにおいてアダプティブドライビングビームやフロント&サイドモニター、後側方警戒支援システムからなる「アイサイトセイフティプラス」を標準装備化するなど、総合安全性能の面では高いレベルを実現しているのは見逃せません。

そして、フットワークではサスペンションとパワーステアリングに手を加えています。ロール角を押さえたことで高速コーナーにおいて全体に漂う余裕感は、さすがフラグシップモデルといった印象。また、ギャップを超えるときのフラット感は車格の違いを実感させられます。それでいて、ハンドリングをダルにしてあるわけではないのはスバルらしいところ。ドライバーの意思で切り込んでいくと、けっして小さくはないボディが思いのままにコントロールできるように感じるのです。

インテリアも進化しています。最大の変更点はディーラーオプションの専用設計ナビゲーションが8インチとなり、それに合わせてエアコンパネルの意匠も洗練されていること。

センターパネルのデザインが変わったことにより、コクピットの雰囲気がずいぶんとアップデートされました。

インパネのソフトパッド部分にステッチが入ったほか、ステアリングも小径タイプとなっているのはD型レガシィの変更点のひとつ。14.5:1のギア比を持つ新しい電動パワーステアリングと合わせて、リニアなコントロールがしやすくなったように感じたのは気のせいではないはずです。

実用性において定評ある2.5リッター水平対向4気筒エンジンの変更はアナウンスされていませんが、様々な制御プログラムなどが変更されているようで、アクセル操作に対するリニアリティが増していることも実感できました。

ただ大柄なだけのフラッグシップではなく、ドライバーファーストのマシンとしても進化しているところが、スバルらしさといえそうです。

■スバル・レガシィB4リミテッド 主要スペック
車両型式:DBA-BN9
全長:4800mm
全幅:1840mm
全高:1500mm
ホイールベース:2750mm
車両重量:1540kg
乗車定員:5名
エンジン型式:FB25
エンジン形式:水平対向4気筒DOHC
総排気量:2498cc
最高出力:129kW(175PS)/5800rpm
最大トルク:235Nm(24.0kg-m)/4000rpm
変速装置:CVT
燃料消費率:14.8km/L (JC08モード)
タイヤサイズ:225/50R18
メーカー希望小売価格(税込):3,240,000円

(文:山本晋也 写真提供:SUBARU)

【関連記事】

自動運転技術の秘密特訓場!? スバルが新設したテストコースに潜入!
https://clicccar.com/2017/10/23/523477/

【新車試乗】スバル・BRZの新トップグレード「STI Sport」を全開試乗!
https://clicccar.com/2017/11/11/530955/

【新車試乗】最北端のテストコースで再確認。スバル・レガシィはやっぱりフラッグシップモデルだ!(http://clicccar.com/2017/11/17/532697/)