フィギュア選手とその家族が抱える苦悩とは

写真拡大

 伊藤みどり、荒川静香、浅田真央、羽生結弦など数々のスターが誕生してきたこともあり、日本のフィギュアスケート人口は増えている。しかし、フィギュアといえば他のスポーツよりもお金がかかることで知られている。さらには、練習中は一日のほとんどを氷上で過ごすため、関係者同士の人間関係も時として大きな悩みになる。

 特に練習や合宿、試合など、コーチとは長い時間を一緒に過ごすことが多い。そのため、もしコーチと合わなければ、心身は疲弊する。しかし、狭いスケート界で指導者を変えるのは一筋縄ではいかない。

 小学生のとき全国大会で活躍し、五輪出場を目指す中学生のある女子選手は、指導者とのウマが合わず、やるせない心情を抱いていた。その苦しみを打ち明けてくれた。

「私と他の選手を比較するようなコーチの指導法は、正直疑問に感じるところも多いんです。これでは滑っていても楽しくありません。でも、ずっと教えてもらっている手前、先生を変えることはなかなかできないし、まわりはみんなライバルだから、他のコーチを紹介してもらうことも難しい。スケート自体は大好きだけれど、こんなにつらいのならばやめてしまいたいと思うこともあります」

 コーチと選手の間だけでなく、選手間でも軋轢はある。小学生の娘を東京のスケート教室に通わせていた50代の父親が嘆く。

「まだ始めたばかりで、初心者用の安い靴を履いて滑っていた娘に、同じ教室の生徒が『まだそんなの履いているんだ』とチクリ。他にも、持ち物や服装などが周囲と違うと見下したような態度をとられることもありました。スケートを習う子たちは裕福な家庭の子が多いのでハイブランドの子供服を着て現れる。みじめな思いを何度もしたことを覚えています」

 元五輪選手の渡部絵美さんも、いじめと闘いながら選手として大成していった1人。

「陰口を言われたり、スケートリンクを貸してもらえなかったりすることは日常茶飯事でした。スケート選手の命ともいえる靴や、踊るときにかける音楽が入ったテープを盗まれそうになったことも。だけどいじめられると、『なにくそ』と闘志がわいたし、『いじめられるほど注目されているんだ』と思うこともできた。いじめが私を強くしてくれたんです。それと同時に、リンクの上ではライバルでも、厳しい練習を共にして仲よくなる選手もいて、今でも交流があります」

◆万が一挫折したらどうなるのか…

 世界のトップスケーターを夢見る子供たちをサポートするのは、もちろん親の役目。わが子をトップアスリートに育て上げるために親たちも尽力する。金銭面に始まり、強靱なフィジカルを作るための食事面、メンタル面、そして練習場への送迎など多岐にわたる。冬季五輪を目指す男子中学生選手の母親が、期待と不安が交錯する胸の内を明かす。

「今は子供のスケートにつきっきり。朝から晩までべったり張りついているせいか、お互いに親離れ、子離れができていません。依存し合っている、この関係が続いて大丈夫なのだろうかと疑問を感じる毎日です。

 また息子が大成してくれると信じていますが、万が一スケートに挫折したとき、将来は大丈夫なのかと心配もあります。なぜなら学校に行くのはテストの時だけ。修学旅行や運動会はスケートの大会と重なったので欠席。勉強はおろか、同年代の子供たちとコミュニケーションもとれない。息子からスケートを取ったら何が残るのかと不安は募るばかりです」

 親が子供のスケートに熱中し、能力以上の成果を期待するあまり、子供に大きなストレスを与えてしまうケースも散見される。

「本当はやめたいのに、『随分と親に投資してもらったから』とか『お母さんが、しっかり練習しなさいと言うから』と言って、仕方なく続けている子供も少なくない。その結果、疲労困憊し心を病んでしまったり、不登校、円形脱毛症になってしまったりする子もいます」(前出・あるジュニアの指導者)

 今では子供のフィギュアが家庭不和の原因となることも珍しくない。

「母親が子供の練習や大会に熱を上げすぎると、どうしても家庭のことが疎かになりがちです。理解のある父親であればいいのですが、そうでない場合、子供のフィギュアが原因で離婚に至る夫婦も少なからずいます」(前出・あるジュニアの指導者)

※女性セブン2017年11月30日・12月7日号