東京ヴェルディのMF中後雅喜。プレーオフ圏内争いの渦中にあるチームを下支えしている【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

京都戦、終了間際に投入された背番号8

 11月19日に最終節を迎える明治安田生命J2リーグ。勝ち点67で6位につける東京ヴェルディは、おなじく勝ち点67の5位徳島ヴォルティスをホーム・味の素スタジアムに迎える。今季から指揮を執るミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の功績は大きいが、数年来積み重ねてきたものもこの成績に寄与していることは間違いない。勝利すればJ1昇格プレーオフ進出が決まる一戦。果たしてどのような結果が待っているだろうか。(取材・文:海江田哲朗)

----------

 アディショナルタイムは5分と表示された。J2第41節、昇格争いに生き残りを懸ける東京ヴェルディが、京都サンガF.C.を1‐0とリード。人数をかけて押し込んでくる京都に対し、東京Vは守りを固め、懸命に逃げ切りを図る。

 90+3分、タッチライン際に立つ背番号8が見えた。中後雅喜だ。最後の守備の引き締め、および選手交代によってゲームの流れを切り、時間を稼ぐ意図も含まれる。結局、中後のプレータイムは3分にも満たない。目立った仕事もない。最終的に勝利のピッチに立っていたこと。それがすべてだった。

「相手に点をやることなく、勝点3をつかむ。その役目は監督から言われなくても自分で感じていましたからね。声がかかるまで、そういうつもりで準備をしていました」(中後)

 致命的なエラーを避けるべく味方に落ち着きを与え、ゲームを無事に閉じる仕事。誰にでもできる仕事ではないが、率先してやりたいと手を挙げる選手はまれだろう。ボールを持って、違いを出せると自負する選手ならなおさら。

「メンバーから外れ、ここに来られなかった選手もいます。チーム事情、選手間の競争の結果、我慢しなければいけないときはある」

 僕の頭には、2015シーズンの中後の活躍が鮮烈に刻まれている。正確なロングパスで攻撃の起点となり、守備でも中盤のフィルター役として貢献し、40試合4得点。あのときの東京Vは、間違いなく中後のチームだった。最終節までJ1昇格プレーオフ出場の望みをつないだが、セレッソ大阪に0‐2と敗れ、8位に終わっている。

ピッチ上だけでは計測できないベテランの価値

 今季の中後は開幕戦こそスタメンの座をつかんだが、故障と若手の台頭により13試合1得点にとどまる。ピッチに立つ時間より、ベンチで出番を待つ時間のほうが長くなった。プロ13年目、勝負どころで重要になるベテランの仕事について、どのように考えているのか。

「鹿島では、代表に入りながらサブだった柳沢敦さん(現鹿島コーチ)が、チームを第一に考えて取り組むのを見ていました。今年、途中から監督になった大岩剛さんもそうですね。雰囲気を盛り上げ、自身は黙々とトレーニングに打ち込んでいた。

 ここでは、佐伯直哉さん(現東京Vユースコーチ)が故障と戦いながら、できることをやり抜く姿に間近で接しました。今季のタム(田村直也)だってそうですよ。全然使われない時期があって、少しずつ信用を積み重ねてきた結果、いまはスタメンで起用されることも多い」

 つまり、ベテランの価値はピッチ上のパフォーマンスのみで計測可能にあらず。中後は言った。

「最終節に向けて、トレーニングの雰囲気はうまくつくっていきたいです。今年のチームは、いい準備ができたときはきちんと結果につながっている。ロティーナ監督は、戦わなければ始まらないとよく言います。そこまで持っていくのはサポートする選手の仕事でもある。大事なゲームで力を出せるように、しっかり戦える雰囲気を」

 梶川諒太は、昇格戦線に踏みとどまった京都戦をこう振り返る。

「京都は昇格にも降格にも無関係で、一方の自分たちはこの試合を落とすとプレーオフ進出の可能性が乏しくなってしまうゲーム。先制点さえ取れれば、その先は懸ける思いの強さ、メンタルの違いが出てくると思ってやっていました。めっちゃ苦しかったですけど、どんな武骨なサッカーだろうと、とにかく結果が必要だったんで」

 はたして、ゲームはそのとおりになった。東京Vは徹底してリスクを排除し、数少ないカウンターのチャンスに賭ける。67分、柴崎貴広からのロングパスをアラン・ピニェイロが決めてリードを奪うと、よりディフェンシブに舵を切った。この1点を守り抜くと、チームのベクトルが速やかに束ねられた。

勝利すれば初のプレーオフ進出が決定。引き分けなら他会場次第

 梶川は第12節の横浜FC戦以来のフル出場。パスとドリブルを織り交ぜた、いつもの軽快なプレースタイルは欠片もなく、汗と泥にまみれながらボールを追い、必死にスペースを埋めた。

 他方、梶川が昨季まで所属したV・ファーレン長崎は、カマタマーレ讃岐に3‐1で勝利し、2位以内が確定。初のJ1昇格を決めている。

「複雑な思いがまったくないかといえばうそになりますが、素直におめでとうと思えました。2点目の決勝点を決めたのは、苦労人のマエちゃん(前田悠佑)。ああいう選手が大事な試合で点を取るなら、それは上にいくよなと。長崎の選手のLINEグループがあって、そこでもマエちゃんのゴール話で盛り上がりましたね」

 最終節の相手、徳島ヴォルティスとは開幕戦で当たり、東京Vは0‐1の敗戦を喫している。内容的にも相手に大きく上回られ、スコア以上の完敗だった。

「あのときは徳島の完成度のほうが上でした。自分たちにはブレずに貫き通してきたことがあり、何もさせてもらえなかった前回の対戦とは違う」

 近年、チームの中核を担った中後が下支えする側に回り、東京Vでプロのキャリアを歩み始めた梶川は、湘南ベルマーレ、長崎で身につけた経験をチームに還元している。今季、新任のロティーナ監督が優れた仕事をしているのは事実だが、このように数年来の目に見えない積み重ねもある。

 昇格プレーオフ出場の懸かった直接対決、運命の徳島戦は11月19日、味の素スタジアムで16時キックオフ。現在6位の東京Vは勝てば5位が確定し、初のプレーオフ進出が決まる。引き分け以下では、他会場の結果次第だ。

 過ぐる日、幾度となく危機にさらされながら、粘り強く東京Vと歩んできた人々よ。これほどまでに屈することを拒絶し、へこたれず勝機を見出すチームがあったか。この物語にはきっと続きがある。

(取材・文:海江田哲朗)

text by 海江田哲朗