画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●実機写真を存分にご紹介

会場には実写可能な両者の実機が展示され、ラジコンカーを撮影してフォーカスの速度や連写性能を体感したり、暗所での高感度撮影および手ブレ補正効果が検証できる撮影体験コーナーなどが設けられていた。実機の写真を存分にご紹介しよう。

○「LUMIX G9 PRO」と「LEICA DG ELMARIT 200 mm/F2.8/POWER O.I.S.」の実機写真を存分に!

まず、タッチ&トライコーナーで触ることができた「LUMIX G9 PRO」と「LEICA DG ELMARIT 200 mm/F2.8/POWER O.I.S.」の実機やアクセサリーから。価格やスペック、機能については、別記事『パナソニック、レンズ交換式ハイエンドミラーレス「LUMIX G9 PRO」』、『パナソニック、1.4xテレコン同梱レンズ「LEICA DG ELMARIT 200 mm/F2.8」』をぜひご覧いただきたい。

●LUMIX G9 PROの"勘所"

○LUMIX G9 PROの"勘所"を上映スライドで紹介!

発表会のステージでは、パナソニック アプライアンス社 イメージングネットワーク事業部 事業部長 山根洋介氏がLUMIX G9 PROのコンセプトについて解説。先に発売されたLUMIXのフラッグシップ機「LUMIX GH5」が「世界的に静止画より動画撮影に多く使われている」と述べ、これに対し、動画撮影機能を簡略化し(といっても十分な機能と性能を持っているが)、静止画撮影機能を強化、静止画を重視するプロカメラマンやハイアマチュア向けに「もうひとつのLUMIXフラッグシップ機」としてLUMIX G9 PROを開発したことを紹介した。

続いて、パナソニック アプライアンス社 イメージングネットワーク事業部 商品企画部 部長 津村敏行氏が登壇。新製品の特長や機能について詳しく紹介した。