「SMAPは存在しません」香取ら“パラサポ”就任で、木村ファンが猛クレームのワケ

写真拡大

 稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾の3人が、日本財団パラリンピックサポートセンター(以下、パラサポ)のスペシャルサポーターに就任したことが、このほど発表された。SMAPは2015年からパラサポの応援サポーターを務めていたが、解散に伴ってこの活動も終了。今回の3人の“復帰”には多くのSMAPファンが歓喜しているものの、どうやら木村拓哉のファンは快く思っていないようだ。

 パラサポは20年に開催される東京パラリンピック大会の成功と、パラスポーツの振興を目的として、15年5月に設立された団体。同年11月には香取がパラリンピック競技団体共同オフィスに記念壁画を寄贈しており、「パラリンピック競技団体共同オフィスオープン発表会」に出席した際、中居正広は「SMAPの“P”の部分はパラリンピックの“P”で!」と宣言したほど、メンバーにとっても思い入れのある活動だった。

「SMAPは同11月末の『パラ駅伝 in TOKYO 2015』にも参加していましたが、昨年8月にSMAPの解散が明らかになり、パラサポとの関係も消滅。しかし、5人が今後も個人で芸能活動を続ける方針であることから、『引き続きパラリンピックを盛り上げるためにご協力いただきたいと考えております』と当時パラサポ側はコメントしていました。こうした温かいメッセージに感激したSMAPファンの間では、解散後もパラリンピック関係のイベントや試合を応援に行く人が増えていたそうです」(ジャニーズに詳しい記者)

 稲垣、草なぎ、香取のジャニーズ退所後も関係は途切れることなく、今年10月にも日本財団主催のアート企画展『日本財団DIVERSITY IN THE ARTS 企画展ミュージアム・オブ・トゥギャザー』に香取の作品が展示された。そして11月15日、パラサポは3人のスペシャルサポーター起用を公表。同日に都内で開催された『ParaFes 2017 パラフェス2017』の最後にメッセージ動画が流れると、会場内から大歓声が沸き起こったという。

 この吉報を受け、日本パラリンピアンズ協会(PAJ)のTwitterアカウントが「今日のパラフェスの最後に発表になって会場が騒然とした大ニュース。パラリンピックのサポーターにSMAPが帰ってきました!」と、ツイート。この投稿には「『SMAPが帰ってきました!』という表現に愛を感じます」と、感謝の返信が数多く寄せられた。

「ところが、解散騒動を機に急増した、木村だけを応援する“オンリーファン”は『SMAPが帰ってきました!』の一文に不快感を示しています。同アカウントに対して『「帰ってきました」という誤解を招く表現は控えるべき。訂正とお詫びは当然』『このツイートを削除してください。バラバラにして出て行った彼らにSMAPを名乗ってほしくない。勝手にSMAPの名を使わないでください』などと抗議する事態となりました」(同)

 ほかにも、木村のオンリーファンは「3人なのにSMAP? 組織の意思を反映しているととらえられても仕方ありません。それでよろしいですか?」「誤解を招く表現、訂正していただきたい。SMAPとは5人の活動であり、今は存在していません」「公式のコメントにSMAPの名前を使ってるということは、商標権を持ってるジャニーズ事務所から許可をもらったということ? そうじゃなければ、商標権侵害に当たらないでしょうか? 元SMAPならセーフですが」といったクレームをつぶやいている。

「SMAPという名称は、現在、木村のラジオ番組『木村拓哉のWhat's UP SMAP!』(TOKYO FM)でしか使われていません。そのため、木村以外のメンバーがSMAPを名乗る資格はないと、ファンは思っているのかもしれませんね。昨今、木村オンリーファンの行動は過激化しており、つい先日もSMAP楽曲を手掛けた音楽プロデューサーで、SMAPへの思い入れをSNSにつづっていた島崎貴光氏に対し、『(木村は役者なので)いつまでもSMAPと絡めないでください』という要望が届いたそうです」(同)

 前述の日本パラリンピアンズ協会は16日午前10時台に「昨日のツイートを読んだ方から『SMAPが帰ってきた』という表現は正しくないというご指摘をいただきました。訂正してお詫びいたします。パラ駅伝に参加するのは草さん、稲垣さん、香取さんです」と謝罪した。とはいえ、問題のツイートは消しておらず、同日午後8時時点で投稿も確認できる状態だ。

 この謝罪によって、グループ全体を支持するファンからは「サポーターだったSMAPのうち3人が再び……なのですから、あの表現で何もおかしくないです」「私もSMAPが帰ってきたと思った1人です。謝らないでください」「一部の心ない人たちを除き、ファンにとって今も彼らはSMAPです。元をつけずSMAPと言ってくださってうれしかったです」と、擁護の声が上がっている。

 スペシャルサポーターに決まった3人は、来年3月4日に駒沢オリンピック公園陸上競技場で開催予定の『パラ駅伝 in Tokyo 2018』に駆けつける予定だという。20年に向けて中居と木村の“合流”を願う声も出ているが、ひとまず3人でパラスポーツの普及に貢献してほしいものだ。