糖質制限はアトピーまで治す(depositphotos.com)

写真拡大

 「糖質制限」がダイエットや糖尿病治療で注目を浴び始めたのは10年ほど前だろうか――。今ではすっかり定着し、「糖質オフ」を売りにした商品も多い。

 糖質制限の波はさらなる広がりを見せている。皮膚科でも、アトピー性皮膚炎、ニキビ、シミ、シワなどの改善に糖質制限が取り入れられているのだ。

 須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)は、皮膚科においては、「‥化」「▲┘優襯ー代謝」という、2つの観点で糖質制限を行ったほうがよいと語る。自ら3食とも徹底して「糖質を制限」をし、「すこぶる快調」とコメントする須階医師に、その効果を解説してもらおう。

体内の糖が慢性炎症を引き起こす

 私たちが摂取した糖質の量が多すぎると、血液中のグルコース(ブドウ糖)が過剰になる。そしてグルコースは細胞や組織のたんぱく質と結びつき、体温で温められて「糖化」が起こる。

 食パンをトーストしたときに、こんがりと焼ける。これも「糖化」だ。糖化した食パンはおいしいが、人間の皮膚のたんぱく質の糖化は問題を引き起こす。その代表が「シミ」「シワ」「くすみ」だ。

 さらに、須階医師は「糖化は『慢性炎症』を引き起こします」と指摘する。たんぱく質が糖化されて「AGEs」ができると「活性酸素」が発生する。活性酸素はむやみやたらに細胞を攻撃するので、炎症が起こりやすくなるのだ。

 炎症は「火事」にたとえられる。火がくすぶっていると、風が吹いただけで炎が上がり始め、火事になる。皮膚では、糖質の継続摂取で常に軽い炎症が起こっていて、ストレスや湿度の変化などですぐに悪化し、強いかゆみが発生するのだ。

糖質は効率の悪いエネルギー源

 エネルギー代謝とは、体内で物質が次々と化学変化して、エネルギーを発生させたり取り込んだりすることである。このエネルギーが「ATP(アデノシン三リン酸)」で、生命維持や運動などに使われる。このATPの材料が「糖質」「脂質」「たんぱく質」だ。

 「1分子のグルコースからは38分子のATPしか作られません。ところが、ステアリン酸だと、1分子から146分子ものATPが作られるのです。いかに糖質が効率の悪いエネルギー源であるかがわかりますよね」と須階医師。グルコースは糖質に含まれ、ステアリン酸は脂質が分解して生じる脂肪酸の一種だ。

 「おにぎりやうどんだけという糖質に偏った食事は、質的に栄養不足なのです。エネルギー効率のよい脂質とたんぱく質だけを摂取するほうが、体への負担を減らします。つまり糖質制限は体のストレス解消につながるというわけです」

 糖質制限の問題点として、人間の脳の栄養源はグルコースだから、糖質制限で脳が働かなくなる可能性が挙げられる。しかし、「その心配はありません」と須階医師。糖質制限を行うと、体内の脂肪が分解されてエネルギーが作られる。脂肪が分解されるときに肝臓でできるケトン体が、脳の栄養源として使われるのだ。

 「600万年とも、700万年ともいわれる人類の長い歴史で、穀物が生産されるようになったのはたったの1万年前。小麦や米などで糖質を取ることは、人間の体の機能に合わないので、全身にさまざまな異常を引き起こします。その中の1つがアトピーなのです」

 徹底して糖質を避ける須階医師のレベルは厳しいと尻込みする人は、1食だけ糖質制限するプチ糖質制限から始めてもいいだろう。「肉も魚も野菜も食べ放題だから、実際にやってみると糖質制限は簡単ですよ」と須階医師は笑顔で話していた。
(取材・文=森真希)

須階富士雄(すがい・ふじお)
芝皮フ科クリニック院長。 1962年、東京都生まれ。89年、聖マリアンナ医科大学を卒業後、東京慈恵会医科大学皮膚科に入局。東京慈恵会医科大学附属柏病院・町田市民病院での勤務を経て、96年に芝皮フ科クリニックを開院。

森真希(もり・まき)
医療・教育ジャーナリスト。大学卒業後、出版社に21年間勤務し、月刊誌編集者として医療・健康・教育の分野で多岐にわたって取材を行う。2015年に独立し、同テーマで執筆活動と情報発信を続けている。