「生活」ではなく、「生きるか死ぬか」の「ライフ」が議論されてしまった(撮影:今井 康一)

副作用を議論しない政策論議は不誠実

衆院選で掲げられた「教育無償化」は、無償化とはいえない代物だった。今後の議論で修正される可能性はあるが、少なくとも蓋を開けてみた時点では、パッケージと中身が違う。残念なことに、私たちは最近そんなことに慣れっ子になってしまっている。

「働き方改革」もそうだった。「ニッポン一億総活躍プラン」が発表されたのが2016年6月。主たるメッセージは、男女ともに仕事と子育てを両立できる社会を目指すという宣言だった。その流れを受けて9月には「働き方改革実現会議」が設置された。しかし論点はすぐにすり替わった。

「ニッポン一億総活躍プラン」の趣旨に沿うならば、「働き方改革」で議論されるべきは、男女ともに仕事と家庭が両立できる、ワークライフバランス重視の働き方であるはずだ。しかし会議の早々から論点は過労死ラインを巡る残業時間の上限規制になってしまった。「生活」を意味する「ライフ」ではなく、「生きるか死ぬか」の「ライフ」である。話の次元が違う。

これに異議を唱えるため、仕事と家庭の両立に葛藤を抱える父親たちの立場から『ルポ父親たちの葛藤』(PHPビジネス新書)を書いた私と、雇用・労働問題の専門家である千葉商科大学専任講師の常見陽平氏が、2016年9月8日にトークイベント「俺たちの働き方改革ナイト」を開催した。2017年3月28日には参議院議員会館で「働き方改革に物申す院内集会」を実施した。

その両方で私たちが訴えたことは、「働き方改革」の「副作用」にも目を向けようということである。

長時間労働の是正、雇用の流動化、正規・非正規の格差解消、どれも賛成である。

しかし政府による「働き方改革」の進め方は不誠実だと感じた。「働き方改革」によって生じるであろう副作用についての説明が不足しているからだ。

当初は世論も「働き方改革」には好意的だった。しかしここに来て、風向きは変わっている。見せかけだけの「働き方改革」が中間管理職を苦しめているという調査結果が発表されたり、「働き方改革疲れ」という言葉まで聞かれるようになったりしている。「プレミアムフライデー」は言うにおよばず。

「働き方改革」の牽引役のようにふるまっていたIT企業「サイボウズ」まで「働き方改革」を批判する新聞広告を出した。「これは、私たちが言っていた働き方改革ではない」と。ただこれは、1年前には十分予測できたはずだ。なぜもっと早くに「いまの政府の働き方改革ではダメだ」と言わなかったのか……。まるで結果が見えてからの掌返しではないか。

「生きるか死ぬか」の話にすり替わった「働き方改革」

いずれにしても、すでに副作用が表れ始めているのである。そこで私たちは「ダメ会議を減らして、長時間労働を是正しようと訴えていた働き方改革実現会議そのものがダメ会議だったという皮肉はなぜ起こったのか」について議論を重ねた。

おおた としまさ(以下:おおた):それで、具体的に「働き方改革実現会議」ではどんな議論がされていたのか、確認しましょうか。

常見 陽平(以下、常見):僕、ちゃぶ台、ひっくり返す答えを言いますよ(笑)。「議論」なんて、全然されていません!

おおた:おっと、はっきり言っちゃうんですね。

常見:意見は言い合ったかもしれない。でも、議論はしていない。あれは、議論する場ではなく、意見を聞く場なのですね。

おおた:なぜ「働き方改革実現会議」が尻つぼみの話になったのか。少子化をなんとかしなければならない、だけど労働力を増やさなければならない、長時間労働を減らすことによって女性も活躍できるようにしなければならない、って話だったのに、いつの間にか過労死ラインの話になった。

電通の新人女子社員の過労自殺事件があって、過労死ラインはさすがに守らなければいけないという意識が高まった一方で、もともとの長時間労働規制の目的が忘れられた。加えて「長時間労働撲滅プロジェクト」という署名キャンペーンもあったでしょう? 内容的には反対する理由もないんです。戦争反対、ってふわっと言っているようなものだから。

でも、あれによって「働き方改革」の文脈における長時間労働是正の目的がそもそも何だったのかがぼやけてしまった。

常見:当初するはずだった各議論が「安全衛生管理、まずきちんとやりましょう」という1次水準に戻ったから、議論ができなくなった、と言い換えてもいいですけど、そこは冷静に切り離して議論するべきだったと僕は思います。もちろん、電通の事件はとても痛ましいものです。二度とあんな悲しいことが起こらないようにすることは、当然の前提です。

おおた:その一方で、罰則はつけるとしても、例外として繁忙期に月100時間の残業を認めている。

常見:月60時間だって、やり方を気をつけないと、ワークライフバランスの崩壊を誘発します。まして、特例で月100時間なんて数字を出したら……。

おおた:僕は「少子化対策を本気で考えるなら、現状においては、1日8時間労働でも多いんです」という話が展開されるのかと思っていたんですよ。だけど、36協定で残業を減らそう!という話にすり替わった。

常見:論点がワープした要因は、まず電通問題に代表される問題の根深さ。そして、うがった見方であり推測ですが、少子化対策を叫んでいた論者が、長時間労働是正くらいでは少子化に歯止めがかからないことに気づいたからではないかと思います。まずは長時間労働に規制をかけること、それにあわせて、長年の夢である“高度プロフェッショナル制度”と、裁量労働制の拡大を入れ込むことだと。そう議論を盛り上げていた人がいました。

トライ&エラーをしながら、目標に近づけていくべき

おおた:ワークライフバランスの改善や少子化に歯止めをかけるための長時間労働是正の議論を本気でする気があるなら、一律にできることではないと思うので、業種や職種ごとに考えて、どれくらいの労働時間を目指しましょうという努力目標を設定し、そこにできるだけ近づけるために、各業界、各企業、各職種で何ができるかというアイデアを丁寧に愚直に出し合い、トライ&エラーをしながら、目標に近づけていくのが、正しい議論の進め方だろうと思います。

急がなければならない難しい問題ですが、急がば回れ、です。一気にバサッと解決!みたいな方法に頼れば、一見、是正はできたように見えるかもしれないけれど、それは本質的に意味のある是正を実現する刃にはなりませんよ。

常見:課題は明確なのですけどね。仕事量が多い、仕事を任さないと回らない。そうした根本的問題に対する正攻法の是正になっていない。もちろん、労働時間に規制をかけることについては、はっきりとイエスの立場です。

だけど、強引な規制は、企業のコンプライアンス新人研修みたいなもので、「研修受けたよね?」「セクハラもパワハラも情報漏洩もダメだからね?」という、何かあったときに言い訳ができない状態を作りにいっているように見えます。サービス残業にお墨付きを与える施策にしか見えません。

おおた:人知を集めてファジーな部分の改善をどのように実現するかを話し合うのが「議論」だと思うけれど、議論をせずに「で、何を決める?」で、決めやすいところだけ決めた、みたいな印象です。よくあるダメ会議と同じですよね。

常見:実は、皆が今よりもっと疲れる社会を作ろうとしているんじゃないの?という気分になりませんでしたか。僕はなりましたね。

なぜ「働き方改革」はわくわくしないのか?

「働き方改革実現会議」の中で、もっと誠実な議論がされていたら、こうはなっていなかったかもしれない。ではどんな議論をすべきだったのか。それを私たちの対談本『「働き方改革」の不都合な真実』の中では論じている。

2017年3月28日に開催された院内集会で、常見氏は「皆さん、働き方改革にわくわくしてますか? わくわくしてませんよね。何ででしょう?」と問いかけた。答えは簡単だ。受け身だからだ。「他律的」だったからだ。

「働き方改革」とは本来、ただ政府や役所に自分たちのライフスタイルを決めてもらうような「他律的」なものであってはならない。ましてや首相の鶴の一声で国民のライフスタイルをコントロールするような恐ろしいものであってはならない。


本当の意味での「働き方改革」とは、国民自らが「今後どんなライフスタイルを目指すのか」を、わくわくしながら議論して主体的に目標設定することでなければならない。

一日どのくらい働いて、どれくらい休息して、どれくらいの余暇を過ごして暮らすのか。そんなことは政治家にも労働問題の専門家にも決められない。私たち国民が主体的に決めなければいけないことだ。その次にやっと、それを実現するためにどんな法律や制度が必要なのかの議論が始まる。その順番を間違えたことが、今回の「働き方改革実現会議」で建設的な議論ができなかった原因であると私は思う。

「働き方改革」の「副作用」にもしっかり目を向け、国民的「インフォームドコンセント」に至るための主体的な議論が、同時多発的に始まることを期待する。