睡眠不足時には体内のホルモン分泌に変化が見られ、それが食欲を増進している可能性がある。


 睡眠不足のとき、やけに食欲が増すように感じられるのはどうしてか。このテーマで専門家に話を聞いている。

 応じてくれたのは、埼玉県立大学准教授保健医療福祉学部で睡眠学などを専攻する有竹清夏(ありたけ・さやか)氏。「短時間睡眠のエネルギー消費、深部体温、食欲に与える影響」といった研究テーマで人間を対象とする実験を行い、早稲田大学の内田直(うちだ・すなお)教授(4月に定年退職)、花王の日比壮信(ひび・まさのぶ)主任研究員らと2017年1月に論文を発表した。

 前篇では、睡眠不足になると食欲が増すなどの関係性が、世界の各研究で認められてきたことを確かめた。それとともに、有竹氏らが発表した研究成果の一部を聞いた。7時間睡眠と3.5時間睡眠では、被験者のエネルギー消費全体の量で有意差は見られなかったという。つまり「短時間睡眠者は起きている分、エネルギーがより多く消費されるため食欲が増す」という論は成り立たないことになる。

 では、睡眠不足の人の体には、どんなことが起きているのだろうか。引き続き、有竹氏に話を聞いた。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

睡眠不足で食欲抑制ホルモンPYYが減少

――前篇では、9人の若い健康な男性を被験者とし、3日にわたり7時間睡眠または3.5時間睡眠を続けたうえで、エネルギー消費、深部体温、そして食欲などの違いを測定したと聞きました。3日目19:00から代謝測定を始め、回復睡眠を含む翌日まで計48時間を測定対象としたところ、エネルギー消費量全体については有意差がなかったということでしたね。

 一方で「あるホルモンの分泌量に7時間睡眠者と3.5時間睡眠者で有意差が見られた」とのことでした。これはどんなホルモンですか?

有竹清夏(ありたけ・さやか)氏。博士(保健学)。埼玉県立大学保健医療福祉学部健康開発学科検査技術科学専攻准教授。国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所で研究員・技師、また国立保健医療科学院/長寿科学振興財団でリサーチレジデントを務めたあと、日本学術振興会特別研究員となりハーバード大学医学大学院に留学。帰国後、早稲田大学スポーツ科学学術院助教、東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター特任助教を経て、2017年7月より現職に。専門分野は臨床生理学、睡眠学、時間生物学。


有竹清夏氏(以下、敬称略) 「ペプチドYY」(PYY)や「グルカゴン様ペプチド-1」(GLP-1)といったホルモンです。

 PYYは小腸に多く分布するホルモンで、食欲を抑制する働きが知られています。今回の実験では、3.5時間睡眠でのPYY分泌量が、7時間睡眠と比べて有意に低くなっていました。つまり、3.5時間睡眠では食欲の抑制が効かない傾向になっていたのです。

 GLP-1も小腸から分泌されるホルモンで、インスリンの分泌を促進して、血糖値を下げる働きがあります。また、胃の内容物の排出を遅らせることで食欲を抑制する働きもあります。実験では、3.5時間睡眠でのGLP-1分泌量は、7時間睡眠と比べて下がる傾向にありました。どちらかといえば、食欲増進のほうに傾く結果となりました。

――他のホルモンなどの量の変化についてはいかがでしたか? たとえば、海外の研究では、睡眠不足だと食欲を抑制する「レプチン」の分泌量が減るという報告もあるとのことでしたが。

有竹 今回の実験では、レプチンの分泌量も調べられましたが、有意差は出ませんでした。ただし、逆に増えたりはしなかったので、矛盾はしない結果とはいえます。

長期の睡眠不足で肥満のリスクも

――実験では、被験者が起きている1時間ごとに、空腹感などの主観についても質問がなされたと聞きます。こちらはどうでしたか?

有竹 3.5時間睡眠のほうが7時間睡眠に比べて「空腹感」が有意に高かったり、「満腹感」が有意に低かったりといった時間もありました。「このくらい食べられるだろう」という主観でも、3.5時間睡眠のほうが多くなる傾向が見られました。これらの結果から、PYYなどの食欲抑制ホルモンの分泌が抑えられたことが、空腹感などにも影響を与えている可能性は考えられます。

――つまり、徹夜するなどで睡眠不足に陥ったとき、やけに空腹を感じているのは、体内でPYYなどのホルモンがあまり出てきていないからということでしょうか?

有竹 その瞬間についてはそうだと思います。ただし、長期的に見て、睡眠時間が短いことによる体への影響を考えた場合は、ホルモン分泌量の変化の影響がどれほどのものか、検討の余地があります。「PYYの分泌量が下がっているからだ」とさらっと言えるかというと、本当にそうか考える必要があると思います。

 今回の実験では、直腸の体温についても1時間ごとに測定しましたが、3.5時間睡眠のほうが体温が低くなる傾向がありました。有意差の見られる時間帯も複数ありました。体温の調整と、睡眠・覚醒の調整はともに脳の視床下部という部分でされていますが、脳の機能低下、たとえば気分の変調なども影響して、肥満リスクにつながるのではないかという研究者もいます。

――今回の実験の結果をまとめると、どのようなことが言えるでしょうか?

有竹 3.5時間睡眠でも7時間睡眠でも全体としてのエネルギー消費量は変わらないのに、食欲が増すことを示すデータが、特定のホルモン分泌量という客観的指標でも、空腹感などの主観的指標でも示されました。この状態が続いた場合、肥満のリスクは高まると思います。

運動、代謝、睡眠の関係にも光を当てる

――今後、このテーマの研究には、どのような発展が考えられますか?

有竹 運動にも目を向けて、研究を行っています。

 睡眠時間が短いと肥満リスクが高まる一方で、良質の睡眠をとれれば健康増進につながると考えられます。一般的に、良質な睡眠をとるための手段として運動が言われていますが、どのように運動すると効果的なのかを実験で調べました。これも、早稲田大学(当時)の内田直教授や、花王の日比壮信主任研究員たちとともに行った研究です。

――どのような結果が得られたのですか?

有竹 被験者には、10時台、13時台、16時台、19時台の1日4回、各40分、エルゴメーターを漕ぐ運動をしてもらいました。これは、代謝機能に影響を与える程度の運動です。

 実験の結果、深い睡眠時に現れる「徐波睡眠」の時間帯が増えました。脳波測定でも徐波睡眠の成分が有意に増えていました。

 また、よく眠れるときは、入眠時に体温がよく下がると一般的に言われますが、今回の実験では運動後、かえって体温が高止まりの状態になっていたのです。まだ解明の余地がありますが、興味深い結果となりました。今後は、運動後の代謝の変化や食行動との関係なども見ていくと、知見の幅がより広がっていくと考えています。

可能な限り睡眠時間の確保を

――これまでの研究成果などを踏まえて、睡眠不足の人たちに肥満リスクへの対処についてアドバイスをお願いします。

有竹 食欲や肥満リスクに影響を与えるホルモンは目に見えるものではありませんし、「いまレプチンが分泌されている」とか「いまPYYの分泌が抑制されている」とかいったことは感じられません。逆にいえば、自覚しないうちに体内でこうした現象が生じていることになります。

 これまでの疫学研究データや実験データを含めて考えると、長期的に睡眠時間が短いことは、間違いなく体に影響を及ぼします。日常的に睡眠が削られている方々も多いとは思いますが、可能な限り睡眠時間を確保することが重要だと思います。

筆者:漆原 次郎