「2番手でいい」と思ってきた男性が突然結婚した経緯とは?(イラスト:堀江篤史)

この連載の取材も含めて、3日に1件ぐらいのペースで恋愛や結婚に関するインタビューをしている。多種多様な男女の話を聞いていてときどき感じるのは、「恋愛体質ではないが結婚向きの人はいる」ということだ。

仕事や趣味など夢中になる対象がある人は、恋人にもマメに連絡を取らないことが多い。デートは週に1回でも十分すぎると思っている。相手は寂しい思いをしかねない。

こういう非恋愛体質の人と深く付き合いたい場合は、いっそのこと結婚してしまえばいいと筆者は思う。家族になれば空いている時間は基本的に一緒にいるのだから、会う予定をいちいち調整する必要はなくなる。家事や子育て、老親の世話に関する連絡事項も自然と増える。恋人同士のとりとめのないLINEなどは苦手とする彼らも、業務連絡は明確で迅速だったりする。ちょっと冷淡だなと思っていた恋人が配偶者としては心強かったりするのだ。こちらの出張などで1人にさせても問題ないし、その間の浮気の心配もない。

特定の恋人を作らない「リスクヘッジ」生活


この連載の一覧はこちら

名古屋市で医療関係の仕事に従事している小松正志さん(仮名、35歳)も、恋愛よりも仕事や遊びを優先し続けてきた男性だ。ただし、モテなかったわけではない。逆だ。病院という「女性社会」の職場で、同時に複数の女性とデートをする生活をしていた。

「女性が多いところで働いていると、食事に誘われることなどはしょっちゅうです。でも、女性が男性を誘うのは多少なりとも勇気が要ることですよね。拒むことは申し訳ないと思っていました。相手が既婚者だったこともあります。恋人も結婚相手もほしくなかった僕はそれでもいいと思っていました。2番手男子、すき間産業、です」

正志さんは「モテ職業」の医師ではない。しかし、仕事にも遊びにも精力的で、リーダーシップもコミュニケーション能力も高く、オシャレだ。それでいて恋愛重視ではないので「がっつき感」はない。さまざまな年代の女性たちに好かれるのは納得できる。

「5年前に地元から名古屋に出てきてから、自由度が増しました。都会は夜遅くまで飲み歩く人がたくさんいるので、付き合いで参加した飲み会でも女性と出会うことが少なくありません」

「2番手男子でいい」とまで思うようになったのにはきっかけがある。10年前、2年ほど付き合っていた年下の彼女に浮気をされてしまったことだ。しかも、浮気相手は子持ちの既婚男性だった。

「職場で知り合った6歳下の女性でした。かわいらしくて清純で、不倫するなんて思いもよりません。原因は僕にあります。仕事をしたり男友達と遊ぶのがとにかく楽しくて、彼女と会うのは2、3週間に1度ぐらいでした。それでも僕のことを好いていてくれるというおごりがあったんです。寂しさが原因で、彼女は浮気をしてしまったのだと思います」

自分のせいだったとしても、かわいい恋人に不倫されて別れたショックは大きかった。信じて裏切られる経験は二度としたくない。その後、正志さんは特定の恋人を作らないという「リスクヘッジ」生活を長く続けることになった。

第一印象はよくなかった

そんな正志さんが今年の夏に結婚した。相手は、春に出会ったばかりの女性医師、由佳さん(仮名、33歳)だ。一目惚れや大恋愛をしたわけではない。正志さんは苦笑しながら振り返る。

「医療関係の研修会で知り合い、懇親会で隣の席に座ったのが今の妻です。正直言って、第一印象はよくありませんでした。僕が話題を振っても、会話が続かないのです。この人は僕をよく思っていないのだろうと思いました」

懇親会から数日後、共通の仕事仲間を介して「2人で改めて食事に行きたい」とのメッセージが来た。女性との交際には慣れている正志さんでも戸惑いを覚えた。好かれている実感はみじんもない。どうして自分を誘うのか。人違いではないか。

「再会しても、やっぱり話がかみ合いません。楽しい楽しくない以前に、『なぜ僕なのか?』という疑問が募りました」

ただし、由佳さんはメールの文面だけは丁寧かつ積極的である。顔を合わせたときとのギャップが大きい。好奇心の強い正志さんは、由佳さんから求められるままにデートを重ねた。そして、疑問の答えを見つける。

「妻はすごい人見知りなんです。籍を入れた今でも、僕に対して敬語をときどき使ったりしますから。少しずつコミュニケーションが取れるようになり、この人は不器用なだけなんだと気づきました」

不器用なだけでなく、由佳さんはマイペースでもあった。交際したらすぐに結婚するものだと確信していたらしく、正志さんをすぐに親に紹介した。婚約者として、である。

正志さんに由佳さんとの写真を見せてもらった。由佳さんは紛れもない美人である。しかし、正志さんによれば男性とは違って女性の医師はまったくモテない。ステータスも年収も高い女性医師に対して、男性が勝手に委縮してしまうからだ。

正志さんが勤務している病院では、結婚している女性医師のうち半数は20代半ばまでに結婚しているという。相手は学生時代からの恋人や先輩の男性医師などだ。キャリアを積んで職場での重みが増すにつれて、周囲の男性から敬遠されるようになるのだろう。30代の由佳さんには焦りもあったはずだ。そして、正志さんを見つけた。

「付き合って2カ月もしないうちに婚約するなんて思っていませんでした。自由に泳ぎ回っていた僕が、狭い箱の中にギュッと入れられた気分です。でも、逃げたいとはなぜか思いませんでした」

自分の思いどおりにならないことが楽しい

女性とのコミュニケーションに習熟している正志さんは、恋愛関係においてつねに自分の意見が通ってきたと感じている。しかし、由佳さんが相手ではそうはいかない。

「妻はとても芯が強くて、やりたくないことは絶対にやりません。たとえば、白米ご飯は炊きません。料理を妻にやってもらうかぎり、僕は玄米しか口にすることができないのです。自分の思いどおりにならないことがこんなにも楽しいなんて知りませんでした」

ここだけ切り取ると精神的なマゾヒストのような誤解を生んでしまう。補足すると、「不健康そうな女性だけは苦手」という正志さんは、玄米食にこだわる健康志向の由佳さんに基本的には賛同し、彼女を尊敬しているのだと思う。ただし、医師という職業を「上」に見ているわけではない。

「周囲からは『逆玉だね』なんて言われることもあります。でも、僕は医者に引け目を感じたことはありません。資格の違い、役割の違いにすぎないと感じているからです。若い世代の医師は同じ感覚を持っていて、職場で威張っている人なんていませんよ。でも、社会保障費が削減される傾向にある中、夫婦ともに医療業界にいるのはちょっと危ないなとは思っています」

自分の能力と実績に自信があるからこそ、結婚相手との上下関係などを意識することなく、環境変化を面白がることができるのだろう。そんな正志さんの度量を試すかのように、婚約直後に由佳さんが妊娠するというサプライズが起きた。

お互いの愛情が深まる

「お互いに人体には詳しいので、すぐには子どもができないことはわかっていました。40歳までにできなかったら特別養子縁組を考えようと話したこともあります。それが2回目ぐらいのトライで妊娠しました。『なにか薬を処方した?』と冗談で妻に聞いてしまったぐらいです」

あまりの急展開に動揺ぎみの正志さん。同時に、この秋から由佳さんとの同居を始め、お互いの愛情が深まっているのを感じている。

「今日は大宮さんと会うので夕食はいらないことを伝えたら、『私のことはそれぐらいの扱いなのね』なんて妻にすねられました(笑)。でも、ご心配なく。その後に結婚指輪を渡したらご機嫌になっていましたから。僕たちは結婚式を挙げなかったので、赤ちゃんのエコー写真を見たり、指輪を交換したりすることで結婚生活が少しずつ現実になっています」

仕事が大好きな由佳さんは出産したらできるだけ早く職場復帰し、常勤したいと考えている。一方の正志さんは30代半ばの現在までに仕事と遊びをひととおりやり尽くした。職場では管理職の立場だが、自分がいなくてもチームが回るぐらいに後輩が育っている。

「家事は嫌いじゃないので、しばらくはパートで働いて主夫をしてもいいと思っています。ちなみに今日も洗濯をしてから出てきました」

外の世界に刺激を求め続け、仕事と遊びに邁進してきた正志さん。その情熱や好奇心が衰えたわけではない。今後は、「自分の思いどおりにはならない」配偶者と子どもに面白さを見いだし、新たな力を発揮していく気がする。