松岡茉優演じる産科医、患者に首をつっこみすぎ?『コウノドリ』第6話

写真拡大

綾野剛主演の連続ドラマ『コウノドリ』(TBS系、毎週金曜22:00〜)第6話が、11月17日に放送。今回は、専門医として成長を続ける下屋加江(松岡茉優)にスポットが当てられる。

本作は、産科医療の現場をリアルに描いて好評を博した医療ドラマの続編。前作に引き続き、綾野、松岡、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋といった豪華キャストが出演している。

ある日、下屋はピンチヒッターとして行ったこはる産婦人科病院で、切迫早産で入院している神谷カエと出会う。この病院で唯一の入院患者だったカエの不安を少しでも取り去るため、下屋は積極的に相談に乗ることに。名前も年齢も同じ2人は意気投合し仲良くなり、プライベートでも関わっていく。「患者に首をつっこみすぎじゃないか」という白川(坂口健太郎)に、下屋は「自分で判断する力をつけることも大事、サクラ(綾野)や四宮(星野)に頼ってばかりじゃ一人前になれない」と反論する。

そんな中、下屋はカエの様子から何か異変を感じ、こはる病院の院長に告げる。院長から「週明けに検査する」という言葉を聞き、帰路についた下屋だったが、ペルソナ総合医療センターに戻ると、こはる産婦人科病院からの緊急搬送の知らせが。こはる産婦人科病院からだという言葉に嫌な予感を覚える下屋。心肺停止で運ばれて来た妊婦はカエだった……。