ダイエット・ヴィレッジ「デブのままでは終われない汗と涙の大減量合宿2017年秋」で美容器具を使って汗を流す参加者たち/(C)NTV

写真拡大

11月17日(金)に日本テレビ系でダイエット・ヴィレッジ「デブのままでは終われない汗と涙の大減量合宿2017年秋」(夜7:00-8:54)が放送される。

【写真を見る】日本でも一大ブームを起こした“ビリー隊長”が「丸太」を使ったエクササイズを導入!/(C)NTV

■ 「ダイエット・ヴィレッジ」は人気ダイエット企画!

本番組は、見ず知らずの8人が、一つ屋根の下で1カ月の共同生活を送り、全員で合計100kgの減量を目指す連帯責任ダイエットドキュメンタリー。今回で第6弾となる。

スタジオでは、MCの近藤春奈、水卜麻美アナ、スペシャルサポーターの上地雄輔、ゲストの伊集院光、中村アン、羽田美智子らがその様子をハラハラしながら見届ける。

また、合宿の見届け人・DAIGO、特別講師として体操の内村航平選手の母・内村周子氏、「ビリーズブートキャンプ」のビリー・ブランクスが参加者を鼓舞する。

■ 今回の参加者は全員女性、「より大変」

番組の魅力は、すぐにでも始められるダイエット情報が満載であることと、極限状態に置かれた参加者たちのガチンコ人間ドラマを徹底的に描く点。

今シリーズに参加するメンバーは全員女性。合宿に密着したスタッフによれば「男性の方が痩せやすいので、全員女性の回はより成功させるのが難しい。今回のメンバーの中にも、4日体重が変動しない人もいました」という。

■ 最大のトラブルはメンバーの離脱!ルール変更はしません!

そんなプレッシャーもある中、今回はあるメンバーが離脱するというピンチが番組を襲う。

7人になろうとも、「みんなで100kg落とす」というルールは変更なし。これまで以上の“極限状態”になることは想像に難くない。

■ 合宿を見届けたスタッフは「今回が一番きつかった!」

その結果、7人の心はバラバラになり、「熱血派」「クール派」とグループが形成されてしまう展開に。

その時の様子を振り返ったスタッフに「第6弾の合宿を終えて、率直な感想は?」と聞いてみると、「一番きつかった(笑)」と本音をこぼすほど。

■ 24時間テレビでおなじみの坂本トレーナーにこの番組の洗礼が!?

合宿には「24時間テレビ」のチャリティーマラソンでおなじみの坂本雄次トレーナーの姿も。

しかし、精神的にも肉体的にも追い込まれたメンバーは日本テレビの“レジェンド”が現れようともお構いなし!

厳しいメニューを課す講師に向かって「デブの気持ちが分かるのか!」と八つ当たりしてしまう一幕も。

■ 「変わりたい」と一歩を踏み出した彼女たちにエールを!

127kgの主婦を筆頭に、から揚げを1日48個食べる、カップラーメンを2口で食べてしまうなど、番組の力を借りなければダイエットを決意できなかったメンバーたち。

“クセが強い”面々が、「自分を変えたい!」と立ち上がり、まず一歩を踏み出したことは、評価されるべきだろう。

ひたすら汗を流し、時々涙も流し、純粋に努力する彼女たちの姿を、泣き笑いしながら見届けてほしい。(ザテレビジョン)