サヨナラ負けを喫し、肩を落とすイ・ミンホ=16日、東京(聯合ニュース)

写真拡大

【東京聯合ニュース】韓国、日本、台湾が参加する野球の国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」は16日、東京ドームで開幕し、元中日の宣銅烈(ソン・ドンヨル)監督率いる韓国代表が日本にタイブレークの延長十回、7―8で惜敗した。

 各チームとも24歳以下または入団3年以内とオーバーエージ枠3人の選手で編成される。大会は3チームが総当たり戦を行い、上位2チームが19日の決勝に進む。