「浦和vs済州」の乱闘騒動、「17年アジアサッカー四大スキャンダル」に不名誉な選出

写真拡大

ACLラウンド16で浦和の選手に済州の控え選手が暴力行為を働いた一件が“大トリ”扱い

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝は、浦和レッズとアル・ヒラル(サウジアラビア)が対戦する。

 2017年のアジアサッカー界もクライマックスを迎えようとしているが、スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」アジア版は、今年アジアで起こった“四大スキャンダル”を回想。今年5月のACLラウンド16で、済州ユナイテッド(韓国)が浦和の選手に暴力行為を働いた一件が、不名誉にもノミネートされた。

 アジアサッカー界を震撼させたスキャンダルの大トリに登場したのは、埼玉スタジアム2002で起きた衝撃的な乱闘騒動だった。

「済州ユナイテッドは浦和レッドダイヤモンズとの16強初戦で2-0とリードして埼玉に乗り込んだ。彼らは8強入りのチャンスに良い気持ちになっていた。しかし、最終的には、浦和のホームアドバンテージは韓国の訪問者の手に余るものであると証明した。済州は即座に圧倒され、3-0で勝利した浦和が2戦合計3-2で勝ち上がった。その次に何が起きたか? この記事に注意を払っている人なら、すでにご存知だろう」

 記事では、第1戦の2点差アドバンテージを吐き出した済州の“蛮行”は誰もが知るところと報じる一方、動画でその模様を紹介している。

3選手が出場停止を受け、440万円の罰金処分

 浦和が延長戦に入り3-0として、2戦合計3-2と1点リードで迎えた試合終了間際、浦和がCKからボールキープした際に済州は大暴走。途中出場のFWズラタンらと済州の選手が衝突。主審と副審が止めに入ったがヒートアップすると、ビブスを着た控え選手のDFペク・ドンギュがピッチに乱入し、MF阿部勇樹に向かってジャンピングエルボーを見舞う。このプロスポーツ選手としてあるまじき前代未聞の行為で、ペク・ドンギュは一発退場となった。

 さらに試合終了後には、浦和の選手たちやスタッフに対し、済州の選手やスタッフが暴力行為を働き、浦和DF槙野智章は済州の選手たちに追いかけられながらロッカールームに引き上げた。その際には、DFクォン・ハンジンが浦和選手の顔を叩き、さらに浦和スタッフに飛び膝蹴りをして、試合後にもかかわらずレッドカードを提示。また、試合中にはDFチョ・ヨンヒョンが2枚のイエローカードを提示されて退場処分を受けており、合計3選手がレッドカードを受ける事態になっていた。

 記事では、「済州ユナイテッドはいずれにしても、彼らの愚行からAFCの厳罰から逃れることはできなかった。選手3人が出場停止を受け、クラブは4万ドル(約440万円)の罰金を突きつけられた」と振り返っている。

ACL準々決勝の中国勢同士の対決もランクイン

 その他のスキャンダルも衝撃的だ。

 2017年の東南アジア競技大会では、カンボジア対インドネシア戦でインドネシアが2-0と勝利後、両軍入り乱れての大乱闘が勃発。AFCカップのジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)対セレス・ネグロス(フィリピン)戦の試合終了間際の物議を醸すPKからジョホールGKの退場劇、そしてACL準々決勝の上海上港対広州恒大(ともに中国)も選ばれた。

 PK戦に及ぶ死闘の末に、上海上港は浦和との準決勝への勝ち上がりを決めたが、移動バスが同じ車に何度もぶつけられるなど妨害にあったと、アンドレ・ビラス=ボアス監督は主張。「広州恒大はAFCをコントロールしている。やりたい放題だ」とぶちまけ、AFCから罰金1万2000ドル(約132万円)を命じられていた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images