15日、環球時報が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で紹介した日本で売られている商品に、中国のネットユーザーが反応を示している。資料写真。

写真拡大

2017年11月15日、環球時報が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で紹介した日本で売られている商品に、中国のネットユーザーが反応を示している。

同紙が「手足の冷えに悩む人向けの神グッズ」として取り上げたのは、日本のサンコーレアモノショップで販売されている「お一人様用こたつ」。その名の通り、一人用の簡易コタツで通常のこたつに見られるテーブルはなく、いすやソファに座った状態で使えるのが特徴的だ。外観はフワフワの素材でできた丈長膝掛けの足元部分を袋状にしたような形状。足を入れるスペースとお腹のあたりに付けられた手を入れる部分にはヒーターが内蔵されていて、温度は35〜60度まで設定可能だという。

記事は「寝袋のようにも見えるが、(いすなどに)座って過ごすことが多い人向けに設計されたもの」と紹介している。

これに中国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せており、「絶対に欲しい!」「(快適すぎて)ダメな人間になってしまう」「麻雀する時に良さそう」という声が上がる一方、「肩の冷えに対応できていない」「歩けないのが不便。毛布にくるまるのと大差なさそう」「見た目がねえ…」という指摘も。また、「中国の通販サイトでは(同様のものが)とっくに売られている!」との指摘も多数見られた。(翻訳・編集/野谷)