日本代表戦でVRを体験しよう!KDDIがキャンペーンを実施

写真拡大

今回のインターナショナルマッチウィークで欧州遠征を行い、ブラジル、ベルギーと親善試合を戦った日本代表。

しかし12月にも重要な大会が待っている。東アジアサッカー選手権と呼ばれていたコンペティションが、今年は装いも新たに『E-1 サッカー選手権2017決勝大会』となって開催される。

それに向けて、KDDIは「au Future Stadium」と題したキャンペーンを行うとのことだ。

10月19日には日本代表のハリルホジッチ監督がKDDI本社を訪れ、「必勝ダルマ」に目を入れたとのこと。

KDDI

KDDIは、この大会のコンセプト「『INNOVATION & UNITY』〜アジア独自の先進性や強さで、世界に新しい体験を提案する〜」に賛同し、最新テクノロジーを駆使した「au Future Stadium」で新たなサッカー観戦体験を提供します。

12月16日に行われる 『EAFFE-1 サッカー選手権2017決勝大会』 では、国内初の取り組みとなる、サッカースタジアム観客席でVR映像と共に観戦できる「au VR Seat」や、約100台のカメラで撮影した自由視点リプレイ映像「au/4DReplay」、選手のスタッツデータで表彰をする「au Stats Award 」などのテクノロジーを通じて、サッカー日本代表を応援します。

また、憧れの日本代表選手とピッチに入場できるエスコートキッズや観戦チケットが当たるキャンペーンも実施致します。

「au VR Seat」では、LIVE映像、リプレイ映像、ハイライト映像を5視点からのVR映像で観戦が可能。サッカースタジアムでの試みは国内初だという。

「au/4DReplay」は会場に配置された100台のカメラによって自由視点のリプレイ映像を生成するもので、男子全6試合の中継で楽しめるとのことだ。

また、『全力を全力で応援するキャンペーン第4弾』として、11月13日から21日までの間にプレゼント企画を実施中だ。

対象はau契約者のみとなるが、『au VR Seat』での観戦券が50組100名、22組44名にエスコートキッズでの試合入場権が当たるとのこと。

さらにau契約者でなくても応募できるE-1サッカー選手権観戦チケットのプレゼントも。こちらは各試合15組30名が当選となる。

『au BLUE CHALLENGE』についての詳しい説明は、KDDI特設サイトをご参照のこと