C大阪、R・サントスが右ひざ負傷で全治3週間の離脱…今季9試合出場

写真拡大

 セレッソ大阪は16日、ブラジル人FWリカルド・サントスが右ひざ内側側副じん帯損傷で全治3週間と診断されたことを発表した。同選手は14日のトレーニングで負傷した。

 リカルド・サントスは1987年生まれの30歳。昨季からC大阪でプレーし、今季は明治安田生命J1リーグ第31節終了時点で9試合に出場している。

 C大阪は今季、明治安田生命J1リーグ第31節を終えて17勝6分け8敗、勝ち点「57」で3位につけている。次節は18日、勝ち点差「2」で5位の横浜F・マリノスとのアウェイゲームを控えている。