「椿サロン本店」。食材のほか、店舗に使用されている建材等もほぼ北海道産というこだわり

写真拡大

自然の恵みがストレートに伝わる味わい、ゆったりと時間が流れる広々とした空間。北海道ならではのカフェだな、と感じさせてくれるのが「椿サロン本店」の魅力です。全体のプロデュースは、北海道を代表するインテリアデザイン事務所「アトリエテンマ」の長谷川演氏によるもので、食材はもちろん、店舗に使用している建材、果てはストーブの薪まで、ほぼすべてが北海道産。その徹底ぶりが、広大で豊かな大地の趣を実感できる、贅沢な癒しの空間を創りあげています。

石釜で、焼きたて、かつ季節を味わえる「北海道ピッツァ」

フードはいずれも道産食材を使用するだけではなく、それらの素材を組み合わせることで生まれる「北海道ならではの味わい」を大切にしています。さらにランチメニューなら「椿サロン」ならではの味をリーズナブルに楽しめます。おすすめは、道産小麦を使った生地にさまざまな具材を組み合わせた「北海道ピッツァ」。「トマト・バジル・モッツァレラチーズのピッツァ」(1300円)は、低温発酵させた生地のサクサクもちもちとした食感が楽しめ、具材との相性も抜群です。

また、この店の定番人気のランチメニューが「フライパンカレー」(1000円)。チーズといっしょにフライパンで火を通し、焼きおにぎり風に仕上げたライスと、約20種類のスパイスを煮込んだルーの組み合わせが絶妙。ルーは深いコクがありながらも、油をほとんど使わないヘルシーな仕上げで、まろやかな味わい。チーズと共に温められたライスも香ばしさたっぷりです。

「椿サロン」は本店のほかに新冠やトマムなど、道内に全4店舗を展開しています。各店によって趣向は少しずつ異なりますが、北海道らしさへのこだわりは全店共通。フードのほかにも同店オリジナルの特製スイーツ(450円〜)や自家焙煎のコーヒー(550円〜)、夜はアルコールメニューも楽しむことができ、どの時間帯でも、ゆったりとくつろげるのが魅力です。「椿サロン」で、優雅な「北海道時間」を味わってみてはいかがですか?

■住所:札幌市中央区北7西19 momijiビル1F ■電話:011・215・4444 ■時間:11:00〜18:00(LO)、19:00~24:00(LO) ■休み:なし(夜営業は日・祝休み) ■席数:45席(喫煙可)

【北海道ウォーカー編集部】(北海道ウォーカー)