リオ五輪銅メダリストのアナベラ・スミス【写真:Getty Images】

写真拡大

リオ五輪銅メダルのスミスが飛板で転倒→回転→転落も…笑顔の理由が世界で話題

 女子シンクロ飛板飛び込みのリオデジャネイロ五輪銅メダリストが、踏み切りでバランスを崩して転倒。弾んだ勢いで1回転しながら転落してしまった。まさかのハプニングの瞬間を、地元テレビ局が動画付きで紹介し、世界に拡散。しかし、本人は自ら笑いに変える気丈な振る舞いを披露し、称賛の声が巻き起こっている。

 まさかのハプニングを笑いに変えたのは、アナベラ・スミス(オーストラリア)だ。12日に行われたFINAダイビンググランプリ(オーストラリア・ゴールドコースト)のシンクロ飛板飛び込み(3メートル)。リオ五輪銅メダルを獲得したペアのマディソン・キーニーとともに飛び込む際、美女アスリートの身に悲劇が起きた。

 キーニーと息をそろえ、飛板の上で垂直に跳び、反動をつけたスミス。しかし、右足で踏み切る際、あろうことかバランスを崩してしまう。重心を失ったスミスは飛板に背中を打ち付けると、反動に逆らえず、クルリと1回転しながら頭から水面に落下してしまった。

 あわや一大事か――。観衆が固唾を飲んで見守る中、水面に浮上したスミスは、けろっとした表情で満面の笑顔を浮かべながら、キーニーらと会話を交わしていた。

 地元紙「ゴールドコースト・ブレティン」によると、オーストラリア代表のアンディ・ヒンチクリフ監督は「現時点では(スミスの)プライドが傷ついた。でも、大事なことは彼女は問題ないということだ。怪我もしていない。ここから立ち上がることができる経験をアナベラは持っているんだ」と語ったという。

「笑顔の理由は…」、スミスの態度にファンも感激「この女の子を愛さずにいられない」

 スミスはその後、自身のインスタグラムを更新。「笑顔の理由はこれまでのハードワークがあるから。昨夜、私がミームになったことも誇りです。私たちのチームがこれまでの目標にしてきたことは、もっと誇り高いわ」と力こぶの絵文字とともにメッセージを送っている。

 ミームとはSNS上で拡散される写真や動画のこと。本人も思わず笑ってしまったコミカルな“転落劇”としてネット上で笑いを振りまいたことも「誇り」と振る舞い、地元メルボルンのテレビ局「7ニュース」、米テレビ局「NBCスポーツ」も放送するなど、世界中に広がってしまった。

 映像を見ると、水面から上がったスミスの背中は飛板の形が残り、真っ赤に腫れる痛々しい姿に。しかし、メダリストは気丈な振る舞いを見せ、清々しさと力強さを漂わせるメッセージにファンは称賛の嵐を送っている。

「レジェンドだ」「誇りに思う」「偉大な態度だ! 最高の名手にも起こること。そのまま頑張り続けて」「この女の子を愛さずにいられない!! もっと成長する時間もあるし、実力を見せてください」

 激励と激賞の声に、スミスも感謝の返信をしていた。まだ24歳と将来有望な美女ダイバーは、ミスにもめげない強靭な精神力で感動を呼んでいた。