11月8日、トヨタ自動車とあいおいニッセイ同和損害保険は、トヨタが展開するコネクティッドカー(トヨタが定める走行データが取得できるナビを搭載しており、かつインターネットの接続機能を有する車両)の一部を対象に、テレマティクス技術で取得した走行データに基づき、毎月の安全運転の度合いを保険料に反映。基本保険料と運転分保険料からなるトータル保険料のうち、最大で運転分保険料の80%を割引く、日本国内初となる運転挙動反映型テレマティクス保険を共同で開発したことを発表した。

「運転特性による割引」のほか、『楽しむ』『得する』『見守る』をコンセプトとしたさまざまなサービスも提供していくとのことで、販売開始は2018年1月15日(保険責任開始は2018年4月)の予定だ。

商品名は「トヨタつながるクルマの保険プラン(トヨタ販売店)」や「G-Link 連動自動車保険(レクサス販売店)」で、対象車両はトヨタのコネクティッドカーのうち、当方が定める走行データが取得できる車両(レクサス車含む)で、トヨタ車では2018年夏頃以降に発売予定の「クラウン」より順次拡大。レクサス車では2018年1月以降販売の新車全車対象(HS・LC を除く。既販車も一部対象車あり)となる。

トヨタのコネクティッドカーは、クルマに関するさまざまな情報を車載通信機のDCM(データコミュニケーションモジュール)を通じてトヨタスマートセンターに自動送信している。あいおいニッセイ同和損保では、この車両運行情報を活用することでトヨタならではの新しいサービスを提供する。

これまでの自動車保険は、「事故を起こしたユーザー」に安心を届けることがサービスの主眼だったが、あいおいニッセイ同和損保では、テレマティクス技術を活用したサービスを提供することで「事故を起こさないユーザー」にも付加価値(予防安全)を提供していくことを目指すとのこと。ユーザーひとりひとりの運転状況に応じた「安全運転診断サービス」をタイムリーに提供することで、ドライバーに安全運転を促し、交通事故を未然に防いでいく方針だ。