ベルギー代表選手はハリルJをどう見たか? 「特に前半には手を焼かされた」

写真拡大

ベテランDFヴェルメーレンはハイテンポなサッカーを評価 「決して簡単な相手ではなかった」

 日本代表は現地時間14日に、敵地ブルージュで行われた国際親善試合ベルギー戦に0-1で敗れた。

 メディアでは賛否両論が飛び交っているが、実際に日本と対戦した選手はどう感じたのだろうか。

 バルセロナに所属するDFトーマス・ヴェルメーレンは試合後、次のように振り返った。

「今日の結果には満足している。日本というすごく良いチームに勝利を収めたわけだからね。彼らは決して簡単な相手ではなかった。特に前半には手を焼かされたよ。それは彼らがハイテンポなサッカーを繰り出してきたからだ。後半はこちらが盛り返し、なんとか勝利を収めることができた。僕らには勝利が必要だったので、結果にはハッピーだよ」

 この日、32回目の誕生日を迎えたベテランCBは、次のように続ける。

「僕らはまだいろいろと試している段階だからね。今日もシステムや選手をトライできたから、良い準備が進んでいると思う。代表最多得点を塗り替えたルカクは、本当に末恐ろしい選手だよ。特に彼の年齢(24歳)を考えるとね。今後がますます楽しみだ。どんなことでも成し遂げられるだろう。このままさらに成長してくれることを期待している」

シメ記者も高評価「内容は互角だったと思う」

 そして改めて、日本の印象を聞くと、ポジティブな答えが返ってきた。

「嘘偽りなく、とても良いチームだと思うよ。思ったより身体が強くて、フィットネスも整っていた。特に序盤は苦しめられたよ。僕らは後半にリズムを取り戻したので、どうにか勝利できたけど、彼らが良いチームであることに変わりはない。特にプレスがよく効いていて、僕らもたくさん走らされたね」

 また、ベルギー国営放送局『RTBF』のパスカル・シメ記者も同調している。

「ベルギーは後半にテンポが良くなり、決めるべき選手が決めて得点して勝利を挙げたが、客観的に見て内容は互角だったと思う。前半に日本がチャンスを仕留めていれば、あるいは他の展開もあったかもしれない。日本はしっかりオーガナイズされているので、攻撃の最終局面の精度を上げたり、重圧へ対処できるようになれば、本大会でも面白い存在になれるのではないかな」

 11月の欧州遠征は、10日のブラジル戦(1-3)を含めて2連敗に終わった。今回得た教訓をどのように生かしていくか。ロシア・ワールドカップに向けて、何よりも重要な作業になるだろう。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images