今季初勝利へ首位発進を決めた崎山武志(提供:大会事務局)

写真拡大

<ISPS・HANDA CUP・フィランスロピー シニアトーナメント 初日◇16日◇越生ゴルフクラブ(6,940ヤード・パー72)>
埼玉県の越生ゴルフクラブを舞台に、本日より3日間の日程で開幕した国内シニアツアー「ISPS・HANDA CUP・フィランスロピー シニアトーナメント」。第1ラウンドの競技が終了し、ともに今季初勝利を狙う崎山武志と湯原信光が4アンダー首位発進を決めている。

1打差3位タイにグレゴリー・マイヤー(米国)、キム・ジョンドク(韓国)、村岸充雄、2打差6位タイに室田淳ら5人が続いた。
崎山はホールアウト後、「先週から体調がいい。今日は風が吹いていたけど、距離感を掴んでいい感じで打てた。ミスは出るけど、自分なりにできている。残り2試合でなんとか(優勝)したいとみんなが思っている。負けないようにしたい」とコメントした。
なお、今季のシニア賞金王を確定させているプラヤド・マークセン(タイ)は国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」に出場しているため、不在となっている。
【初日の順位】
1位T:崎山武志(-4)
1位T:湯原信光(-4)
3位T:グレゴリー・マイヤー(-3)
3位T:キム・ジョンドク(-3)
3位T:村岸充雄(-3)
6位T:室田淳(-2)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

初日のリーダーボード
松山・ジャンボ・優作が競演!ダンロップフェニックス特選フォト
リランキング制度、フォールシャッフルって何だ!?詳しく解説します
ジャンボ尾崎、松山英樹と同組は「20年前だったら…」
石川遼に何が起こっているのか、加瀬秀樹はこう見る