小林可夢偉選手が、MS&ADアンドレッティからFIAフォーミュラE選手権に参戦することが発表されました!

小林選手は、2005年フォーミュラルノーのイタリアシリーズとユーロシリーズの両方で、日本人ドライバー初となるシリーズチャンピオンを獲得。そして2009年ブラジルGPでF1デビューを果たし、2012年の日本GPでは、鈴木亜久里氏、佐藤琢磨選手に次いで日本人ドライバー3人目のF1表彰台獲得を達成。

近年は世界耐久選手権(WEC)と全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦しており、今年6月に行われたル・マン24時間耐久レース予選ではコースレコードを塗り替えるという偉業を成し遂げた、日本のトップドライバーです。

そんな小林選手が参戦するフォーミュラEは、2014年よりスタートした電動フォーミュラカーの世界選手権。香港、パリ、ベルリン、ローマ、ニューヨークといった大都市の市街地で開催され、新たなモータースポーツ・エンターテイメントとして世界中から注目を集めています。

4thシーズン(2017/2018年)は12月2日(土)に開幕戦が、翌3日(日)に第2戦がダブルヘッダーとして香港で開催され、 来年7月末のカナダ・モントリオールで行われる最終戦まで、10チーム20台によって全14戦が争われます。

また、小林選手がフォーミュラEデビューを果たすMS&ADアンドレッティは、2014年の選手権創設時から活動を続けており、昨季(3rdシーズン)は総合7位でシーズンを終えました。4thシーズンは参戦4季目を迎えるアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ選手とともに、上位進出を目指します。

MS&ADアンドレッティチームオーナーのマイケル・アンドレッティは、小林選手参戦について以下のように語っています。

「香港でのシーズン開幕にあたり、アンドレッティのカーナンバー27に小林のような優れたドライバーを迎えることができたのは非常に幸先が良い。F1でもWECでもその実力を見せつけているから、今回の件はフォーミュラE選手権にとっても次のステップとして申し分がない。日本のファンの情熱は本当に素晴らしいから、香港でのデビュー戦でも、彼に対する熱烈な応援を目の当たりにすることになるだろう」

そして小林選手から日本のファンの皆さんに、メッセージが届いています!

「今回香港でフォーミュラEに参戦する機会を作ってくれた、チームオーナーのマイケルとアンドレッティ・フォーミュラEチーム、そしてMS&ADをはじめ、スポンサーとパートナーのみなさまに感謝します。アンドレッティは世界的に著名なレーシングファミリーでもあり、その一員としてフォーミュラEのレースを戦えるのは大変光栄なことです。正直なところ事前にきちんとしたテスト走行ができずにレースに挑むのは簡単なことではありませんが、チームも最大限のサポートをしてくれているので心配はしていません。香港ではいいレースができることを楽しみにしています。みなさま応援よろしくお願いいたします」

フォーミュラEに日本人ドライバーが参戦するのは、2014年の佐藤選手、2015年の山本左近選手に続いて史上3人目。世界選手権に日本人ドライバーが挑戦する姿を見ることができるのは、やっぱり嬉しいですよね。

小林選手の記念すべきフォーミュラEデビュー戦は12月2日(土)です。日本からたくさんの声援を送りましょう! そして日本のモータースポーツに新たな歴史が刻まれることを期待したいです。

(yuri)

日本人3人目となるフォーミュラEドライバーが誕生。小林可夢偉、MS&ADアンドレッティから参戦決定(http://clicccar.com/2017/11/16/532368/)