宇野昌磨【写真:Getty Images】

写真拡大

GPファイナルは羽生ら世界王者の不在予想「新世代の台頭は今週末のウノに始まる」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、フランス大会は18日にグルノーブルで幕を開ける。12月7日開幕のGPファイナルに向け、米メディアは5連覇がかかっていた羽生結弦(ANA)に加え、パトリック・チャン(カナダ)、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)の不在を予想し、フランス大会に出場する宇野昌磨(トヨタ自動車)の存在がクローズアップされている。

 GPシリーズも残り2戦。フランス大会のプレビュー企画を行ったのは、米テレビ局「NBCスポーツ」電子版だ。今週のフランス大会と来週のスケートアメリカを経て、名古屋で開催されるGPファイナル。記事では、男子戦線に発生した“異常”を紹介している。

「過去7回の世界大会を制覇し、2014年の五輪で金メダルを優勝した3人の男子は名古屋で行われるファイナルに姿を現さないことになりそうだ。ユヅル・ハニュウ、パトリック・チャンは確実にいない。今週のフランス大会に出場するハビエル・フェルナンデスも事実上、予選落ちしている」

 羽生は初戦のロシア大会で2位に入ったが、第4戦のNHK杯を右足の負傷で棄権、チャンは第2戦のスケートカナダで4位、そしてNHK杯は練習に専念するため、棄権。一方、フェルナンデスは第3戦の中国杯で6位に終わり、逆転のファイナル出場は厳しい状況となっている。

「ベビーフェイスの19歳はその振る舞いから、運動能力を誤解させている」

 しかし、“王者たちの異常”により、新しい世代の旗手が躍進を迎えることになるかもしれない。

 記事では「今年の秋はこの後、男子スケーターの新世代にとって(台頭の)チャンスとなる」と指摘した上で「それは今週末のウノに始まる。小柄で、物腰柔らかで、ベビーフェイスの19歳はその振る舞いから、運動能力を誤解させている」と宇野を評価している。

 4月の世界選手権で羽生と3点差の2位に入った宇野の実績も実力も疑いの余地はない。「昨季、世界で2番目に優秀だったウノは疑いなくこの秋のNO1になる存在だ。彼は今季、300点の壁を破った唯一の人間なのだ」と称賛。9月のロンバルディア杯(319.84点)、10月のスケートカナダ(301.10点)と圧倒的なスコアで優勝した充実ぶりを紹介している。

 羽生はNHK杯前日練習の着氷時に右足首を故障。治療とリハビリに専念しているが、王者不在の間、世界の男子フィギュア界を牽引する存在として、宇野への期待の声が高まりを見せている。