エバン・フォーニエ、C.J.マッカラム【写真:Getty Images】

写真拡大

2人合わせて契約総額216億円のフォーニエ&マッカラムが試合中に熱くなって勢いで…

 NBAで試合中にオーバーヒートした敵同士が熱くなりすぎたあまり、顔と顔を近づけて睨み合い。しかし、勢い余って唇と唇が触れ、キスする事態となり、笑撃の決定的シーンを米スポーツ専門サイト「ブリーチャー・リポート」が動画付きで紹介。ファンから「戦争を止めるのは愛だ」「彼のキスが甘いことを知ってしまったか」とユーモアたっぷりなコメントが殺到している。

 笑ってはいけない。しかし、思わず笑ってしまう珍事が生まれたのは、15日(日本時間16日)に行われたマジック―ブレイザーズの一戦だ。

試合は接戦だった。第2クオーター、ブレイザーズが51-47とマジックをリードして迎えた残り24秒。ここで一触即発の事態が起きた。プレーが止まったタイミング、フラストレーションがたまっていたのか、ブレイザーズのC.J.マッカラムは歩きながら、すぐ後ろにマジックのエバン・フォーニエがいる状況で何やら叫び始め、そして、足を止めて振り向いた。

 すると、完全に怒りのスイッチが入り、応戦状態に入っていたフォーニエはマッカラムに対し、ズンズンと近づき、顔を近づけて威圧しようとした次の瞬間だった。足を止めていたマッカラムがまったく怯まず、むしろ、睨み合いを挑もうと顔を近づけた。両者は勢い余って唇と唇が触れ合うような形に……。しかし、両者はそんなことなかったかのように、火花を散らした。

ファンからユーモアな反響「行為後、どこか全体的なおかしな雰囲気に…」

 結局、審判と両軍選手が慌てて間に割って入り、2人の間は引き裂かれ、事なきを得ていた。ただ、冷静に見れば、なんともいえないシーンは話題を呼び、「ブリーチャー・リポート」は「CJ(マッカラム)はキスをお見舞いされた」と泣き笑いの画顔文字付きで公式ツイッターに動画付きで紹介。決定的瞬間を見たファンから笑撃のコメントが続々と上がっている。

「戦争を止めるのは愛だ」

「彼のキスが甘いことを知ってしまったか」

「我が目を疑った」

「行為後、どこか全体的におかしな雰囲気になっている」

「苛立った男をコントロールする効率的な方法」

 このようにユーモアたっぷりな声が投げかけられていた。2人はNBAでもトップの選手たち。マッカラムは16年に4年1億600万ドル (約120億円)で、フォーニエは16年に4年8500万ドル(約96億円)で契約を結んでいた。合わせて、約216億円の大型契約をしている2人が熱くなるあまりに演じてしまったキスは、にわかに注目を浴びてしまった。