取材歴の長いブラジル人記者4名が日本代表に賛否両論 ハリル流の可能性と課題とは?

写真拡大

ナダウ氏は攻撃を酷評 「FKがバーを叩いたほかに、なんの攻撃も生み出せていない」

 ブラジルでは「サッカーとは、100人が観戦すれば、100通りの意見がある」と、よく言われる。

 同じプレーに対しても様々な見方があり、それを試合後に議論するのも、サッカー観戦の楽しみの一つだ。

 今回、10日に行われたフランス・リールでの国際親善試合、日本対ブラジル戦(1-3)を現場で取材していたブラジルメディアに、ハリルジャパンの印象を聞いた。それぞれがサッカー取材はもちろん、代表取材でも国内で一目置かれる、経験豊富な人たちだ。そんな彼らから見ても、日本代表が見せたサッカーには賛否両論が上がった。

 日本代表の攻撃について厳しく評価したのは、「CBNラジオ」でレポーターを務めるオジーレス・ナダウ氏。「日本はゴール以外、(吉田麻也の)FKがバーを叩いたことのほかに、なんの攻撃も生み出せていない。後半、ブラジルが選手を入れ替えて弱体化してからはアグレッシブになったが、そこでもっとゴールを決めなくては。引き分けてもおかしくない流れだったんだから」

 それについて、「FOXスポーツ」のレポーター、フェルナンド・カイターノ氏は「パスやフィニッシュの精度などは、選手たちがもう少し磨きをかけるしかない」と、個々の技術力アップへの発奮を促した。

攻撃面では特長であるスピードを求める声も

 その攻撃をある程度高く評価するのは、「Globo.com」のアレシャンドレ・ロゼッチ記者だ。

「スピードのある、魅力的な選手たちがいたし、チーム全体でスピーディーなプレーができる。対戦相手のエリアでパス回しもできる。攻撃でブラジルにプレッシャーをかけることができた。その長所を生かして、ボールを前に運ぶようにオーガナイズすれば良かったんだけどね」

 一方、ロゼッチ記者が評価したスピードについて、「フォーリャ・デ・サンパウロ」紙のセルジオ・ハンジェウ記者は「日本はいつでも、とてもスピーディーにプレーしてきた。それが今回、いつでも日本がやってきたような、カウンターでスピーディーに攻め込む、というのが、まったく見られなかった。もっとスピードが必要だ。日本サッカーの代名詞である、スピードを取り戻すことだ」と指摘する。

 セルジオ記者はこの試合だけでなく、長年に渡って日本代表に注目してきたジャーナリストだ。それだけに、他の記者が称賛するスピードも、過去の日本と比較して物足りない印象だったのかもしれない。

「守備のシステムを改善する必要がある」

 守備についても、賛否両論だ。前出のナダウ氏曰く「日本代表でポジティブなのは守備の良さ。良いGKがいる。センターバックも強い。その前で相手を封じ込める中盤の選手たちも強い。戦術的にも良く統率されている。日本は攻撃サッカーを信条としていると聞くが、世界サッカーにおける立ち位置からして、現時点での日本に必要なのは強固な守備だ。それが良いところまできている」

 しかし、その守備に注意を促すのが、攻撃を高く評価したロゼッチ記者である。

「最高レベルの相手と戦う時には、守備のシステムを改善し、チームプレーをもっと良くオーガナイズする必要がある。攻撃でプレッシャーをかけようとする時に、守備の弱さが露呈した」

 カイターノ氏も「日本の選手たちの戦術への忠実さは称賛に値するし、フィジカル的にも良い。だから監督は戦術的に、もう少し守備に注意を払ってトレーニングできるはずだ」とする。

 チッチ監督が指揮するブラジル代表にとって、初めてのアジアサッカーとの対戦。しかも、ワールドカップ常連国になりつつある日本が相手とあって、ブラジルメディアも、その戦いに注目していた。それだけに試合を見ての率直な意見は、いずれも興味深いものとなった。

【了】



藤原清美●文 text by Kiyomi Fujiwara



ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images