トップの位置はコンパクトに

写真拡大 (全3枚)

 雑誌やテレビ番組などで活躍する元グラビアアイドルの森下千里。ゴルフ番組での仕事をきっかけにのめりこみ、今年3月にUSGTFゴルフティーチングプロの資格を取得した。ゴルフを愛する読者の悩みに、ベストスコアは80という彼女が、ティーチングプロの目線からアドバイスする。

【WARM UP】

Q:スタート前の練習には何を持っていけばいいですか?

A:私は1W、3W、7I、SWの4本を持って打撃練習場に向かうようにしています。軽くストレッチをしたあと、短いクラブから順番に長いクラブに持ち替えて、最後にもう一度SWで短いアプローチの練習をします。

 スタート前の練習は本番へのリハーサル。その日の調子を確認するのが目的です。ラウンド中に迷いが生じないためにも、無理に修正をしない方がいいと思います。私の場合、この球筋と1日付き合う覚悟を決めちゃいます。

【ドライバー&ウッド】

Q:ラウンド中に急に出るフック、スライスが怖いです……(53歳男性)

A:本番でいきなり想定外の球が出ると、次のホールから打つのが本当に怖くなりますよね。原因の多くはオーバースイングになっているためです。

 フックやスライスが出てしまったら、私はとにかくコンパクトに振ることを心掛けます。トップをコンパクトにして、力まず、一定のリズムで振り抜くことを意識してください。それによってインパクトでコックが緩まず、芯で球を捕えることもできます。ルックアップ、ヘッドアップも防いでくれますよ。

 トップではシャフトと地面が平行となり、そこからシャフトを立てた状態でインパクトへ向かいます。古いトイレの天井から垂れた鎖を引っ張るイメージですね。非力な女性の私は力強いインパクトにするために少し伸び上がる傾向がありますが、インパクト以降はグリップエンドが常に体に向くように意識してフィニッシュまで一気に振り抜きます。

Q:歳を取って飛距離が出なくなりました(65歳男性)

A:ヘッドスピードを上げるため、私はドライバーを逆さに持って素振りします。体を速く回転できるので、そのスイングをイメージしながら打つ。あとはインパクトまでコックを緩めないことも重要。そのためにはインパクトをアドレスの形に戻す意識が大切で、コックが緩むと飛距離が出ないばかりか、球が左右に散って方向性も悪くなります。

Q:ダフリ、トップの連続。フェアウェーウッドが苦手です(48歳男性)

A:フェアウェーウッドが苦手な人は多いですよね。払うように打てばいいのに、ついすくい上げてしまう。だから右肩が下がってトップになったり、打ち込もうとして体が左に突っ込んでダフってしまうんです。飛ばそうと思うあまり、いつものスイングができていないことが原因。距離を稼ぎたい場面ほど打ち方を変えないことが大切だと思います。

●もりした・ちさと/1981年9月1日、愛知県生まれ。身長166cm。グラビアアイドルとして人気を博し、雑誌・テレビ番組などでも活躍。USGTF(United States Golf Teachers Federation)ゴルフティーチングプロ資格所有。趣味・特技は、カレー、田舎料理。

※週刊ポスト2017年11月24日号