ピルのメリットとデメリットは?女医が教える基礎知識

写真拡大

 避妊をしたいけれども、コンドームだけでは心もとない。生理不順にもいいと聞くけれどもなんとなく抵抗がある。こんな風に悩んでいる声をよく聞きます。ピルには、どんなメリットやデメリットがあり、どんな効果があるのでしょうか。

===============
Q. ピル(経口避妊薬)を服用していますか?

・服用している(81名)
・以前、服用していた(40名)
・服用したことは1度もない(178名)

回答時期:2008.07.29〜2008.08.07
総回答数:299名が回答
===============

 ラブリサーチが独自に行ったアンケート『ピル(経口避妊薬)を服用していますか?』によると、ピルを服用しているもしくは以前服用していたと答えた人は40.3%。一度も服用していない人に比べてやや少ない数字という結果になりました。今回は、ピルを使って避妊をしたいと思っている女性のための悩みを解決できるような記事を書かせていただきました。ピルには、良い面と悪い面両方があります。長期的に使う場合には体にどんな影響があるのでしょうか。

◆ピルってそもそも何?

 いわゆる避妊のためのピルは、正式には「低用量ピル」と表現されます。望まない妊娠を避けるために使われるイメージかと思いますが、避妊しないまま性交渉をしてしまった後に飲む「アフターピル」とは違います。アフターピルとは、妊娠したくないセックスで避妊に失敗してしまった場合、72時間以内に服用するものです。

 アフターピルには高用量の女性ホルモンが含まれていて、体内で女性ホルモンの量を増やすことで、人工的に生理を起こさせるというものです。低用量ピル、いわゆる経口避妊薬よりもホルモン量が多いため、人によっては頭痛や吐き気、嘔吐や腹痛などの副作用を起こしやすいです。

 それに対して、低用量ピルは、21日の月経周期に合わせて毎日服用するホルモン剤で、女性ホルモンのバランスをとることで、かなり高確率の避妊効果が期待できるものになります。女性ホルモンのバランスをとることから、避妊以外にも、生理不順や酷い生理痛、PMS(月経前症候群)などで悩む女性の症状の改善にも効果があります。

Point:低用量ピルは避妊以外にも女性の体調管理に役立てられる薬です。アフターピルとは別物ですので注意しましょう。

◆ピルで避妊するメリットとデメリット

●ピルで避妊するメリット

 コンドームでの避妊に比べて、かなりの高確率で避妊効果が得られます。コンドームでは、使用方法によっては思っているよりも避妊失敗確率が高いのです。タイミング法といって、排卵期を避けた避妊を行ったとしても膣内で精子が次の排卵期まで生存していたら、妊娠確率はグンと上がります。「妊娠しにくくなってしまうのでは」と危惧する人もいますが、ピルの服用をやめれば、元どおり通常の排卵が起こります。

 また、女性ホルモンのバランスが整うことで、メンタルが安定したり、生理不順や生理痛がなくなる、また、肌荒れが改善する場合もあります。ピルによって、生理開始日を正確に予測することができるので、旅行などの予定を立てるなど、プライベートのスケジュールにもきちんと管理できます。排卵によって卵巣が傷つくことで起こるといわれている卵巣がんや、女性ホルモンバランスの乱れが発症のきっかけになるとされる子宮ガンの発症リスクを減らすこともできます。また、子宮内膜症を予防する効果もあります。

●ピルのデメリット

 ピルのデメリットは、禁煙する必要があることです。ピル服用中に喫煙していると、血栓症のリスクが大幅に上がります。血栓という血液のかたまりが血管の中にできて、心臓や脳の血管の流れを遮断して、心筋梗塞や脳梗塞に繋がることもあります。