魯報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は16日の定例会見で、トランプ米大統領が北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定するかどうかの判断を示さなかったことについて、「依然として関連動向を注視している」と述べた。

 魯報道官は「韓米の間では北の核問題に関連して緊密な協議と連携を続けている」と説明した。

 トランプ大統領は15日(米東部時間)、アジア歴訪の成果について演説した。演説で北朝鮮のテロ支援国家再指定について発表するとみられたが、言及しなかった。