画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●9,864円の完全ワイヤレスイヤホン

11月15日、ソフトバンク コマース&サービスは、同社が2016年より展開しているスマホ向けオーディオブランド「GLIDiC(グライディック)」の新製品発表会を開催。完全ワイヤレスイヤホンの「Sound Air TW-5000」と有線イヤホン「SE-9000HR」の2製品を発表しました。実際に製品も試してきたので、その使用感などを交えてレポートしたいと思います。

GLIDiC(グライディック)は、「動くひとの、音」をコンセプトにしたソフトバンクのスマホ向けオーディオブランドです。GLIDiCは、「滑空する」という意味の「GLIDE(グライド)」に、「〜の」「〜に関係する」という意味の接尾辞「ic」を合わせた造語。ゆっくりと滑らかに滑空するグライダーのように、スマホを持ち自由に移動するユーザーに向け、いつでもクリアで滑らかなサウンドを届けることを表しています。

○機能も価格もほどよい完全ワイヤレスイヤホン

GLIDiC Sound Air TW-5000は、直販価格が税込9,864円と、完全ワイヤレスイヤホンとしては比較的購入しやすい点が魅力です。現在、完全ワイヤレスイヤホンは、3,000円くらいの低価格で低機能のモデルか、ノイズキャンセリング機能などを搭載した高機能で高価格のものに二極化しています。ソフトバンクによれば、その中間、機能と価格のバランスのとれたモデルとして、GLIDiC Sound Air TW-5000を開発したとのことです。

開発するにあたりまず重視されたのは装着感でした。実際に装着してみましたが、少々頭を動かしたくらいでは耳から外れることはありませんでした。耳への負担も少なく、長時間使用しても疲れることはなさそうです。

使い勝手にも注目です。完全ワイヤレスイヤホンの充電ケースは大きめのものが多いですが、GLIDiC Sound Air TW-5000の充電ケースは約4cm×4cmと非常にコンパクトです。普段持ち運ぶ際にはこの充電ケースがキャリングケースになるので、これは重要なポイントと言えます。

この充電ケースからイヤホンを取り出すと電源がオンに、ケースに収めるとオフになります。本体にはマルチファンクションボタンが装備されており、耳元で、曲の再生、停止、送り、戻し、ボリューム調整を行えるほか、Googleアシスタント、Siriなどの音声アシスタントの起動に対応します。こういった操作性の良さもGLIDiC Sound Air TW-5000の魅力と言えます。

BluetoothのAACコーデックに対応するなど、音質にも気を配っています。実際に試聴をしてみましたが、素直でキレイなサウンドという印象でした。低域から高域までフラットで自然な感じ、非常に聴きやすい音です。とくに透明感のある女性ボーカルなどはよく合うと感じました。

●ハイレゾ対応スマホと組み合わせたいイヤホン

○ケーブル着脱式のハイレゾ対応イヤホン

GLIDiC SE-9000HRは、ハイレゾ再生に対応した高音質イヤホンです。ハイレゾ再生に対応したスマホが増加していることを受け、その性能を十分活かせるコストパフォーマンスに優れたイヤホンが必要との認識から開発されました。直販価格は税込19,800円です。

中低域用の10mm径ダイナミックドライバーと高域用の6mm径ドライバーを同軸上に配置する「Phase Matching Coaxial Driver」を採用するなど、音質にこだわった仕様となっているのが特徴です。

ノイズを排除するため、ケーブルの信号線には銀コーティングを施した4N(99.99%)クラスの高純度無酸素銅(OFC)を採用するなど、随所に高音質化のための工夫が施されています。装着性と遮音性に優れたComplyのイヤーピースを同梱しているところにも、高音質への意気込みが感じられます。

使い勝手が考慮されている点もポイントです。従来機のイヤホンケーブルは長さが120cmでしたが、GLIDiC SE-9000HRでは110cmに変更されました。これはポケットやかばんに入れた状態を想定して、使いやすさを考慮した結果ということです。ケーブルは着脱式(コネクタはMMCX)で、リケーブルが可能です。

音質はハイレゾ対応をうたうだけあり、高レベルです。簡潔に言うなら、細部までクリアで質感の高いサウンドです。ハイレゾ対応イヤホンの中には解像度を重視するあまり低域がスカスカになっているものありますが、GLIDiC SE-9000HRは低域の出がよく、音楽の躍動感をうまく表現します。J-POPやダンスミュージックなどをいい音で楽しみたい人にオススメです。