マリファナ常用者は性豪!(depositphotos.com)

写真拡大

 米スタンフォード大学泌尿器科学のMichael Eisenberg氏らの研究チームは、米国の男女5万人以上のデータを分析したところ、Pothead(マリファナ常用者)は、非使用者よりも性交の頻度が有意に高く、マリファナを常用しても性機能は損なわれないとする研究成果を『Journal of Sexual Medicine」』11月号に発表した。

 発表によると、Eisenberg氏らは米疾病対策センター(CDC)が実施した全国調査(National Survey of Family Growth;NSFG)に参加した25〜45歳の男性2万2943人(平均年齢29.5歳)と女性2万8176人(平均年齢29.9歳)のデータを分析した。この調査データにはマリファナの使用と性交の頻度に関するデータも含まれている。

マリファナ常用者は非使用者よりも性交の頻度が20%も高い

 その結果、男性の24.5%、女性の14.5%に、マリファナを使用した経験があったが、マリファナを毎日使用している男女は、全く使用しない男女よりも性交の頻度が20%高かった。

 具体的な頻度としては、過去1年間に1度もマリファナを使用していない女性は、過去4週間の性交の回数が平均6.0回だったが、毎日マリファナを使用している女性は平均7.1回だった。

 また、男性のマリファナの非使用者は、過去4週間の性交の回数が5.6回だったが、常用者は6.9回だった。この関連性は、年齢層、婚姻状態、学歴などに関係しなかった。

 この研究はマリファナの使用がよりアクティブな性生活をもたらす事実の証明ではない。ただし、動物実験によって脳の「カンナビノイド受容体」への刺激が性的興奮や性行動を促す事実や、ヒトの脳のMRIスキャンによってマリファナの使用が満足感や性的興奮に関連した脳領域を活性化させる事実が示されている。

米国の200万人以上の成人がマリファナを使用し29州で合法化

 米国立薬物乱用研究所(NIDA)によると、米国の200万人以上の成人がマリファナを使用し、29州で医療用または嗜好用としてマリファナの使用が合法化されている。

 Eisenberg氏は「マリファナが勃起障害の主原因ではないかと尋ねる患者が増えているが、患者に適切な助言ができなかった。ただ、さらなる研究を検証しなければ、患者に催淫薬としてのマリファナを安直に勧められない」と話している。

 マリファナ常用者は、ベッドでも酩酊状態となるため良い性生活は期待できない。その俗説が真実なのか、虚偽なのかは、諸説があるので、判然としない。

なぜ不法所持・使用の犯罪が絶えないのか?

 森羅万象も社会事象も、根拠や功罪がある。マリファナもそうだ。常識や固定観念のジレンマに陥るのは、実に愚かしい。科学的な判断が未確定ならば、マリファナの功罪を冷静に直視するのがフェアだろう。その功罪は、世界的な視野や犯罪性などの視点で見なければならない。

 マリファナ(大麻:cannabis)は、アサの花冠や葉を乾燥化、樹脂化、液体化させた植物。マリファナに含まれる約60種類のカンナビノイド、特にテトラヒドロカンナビノール (THC)の薬理作用は、紀元前から知られ、治療に活かされてきた。

 だが、日本では大麻取締法の規制がある。つまり、大麻草(カンナビス・サティエル)の花や葉の所持・輸入は、医療目的であっても許可がない限り禁止されている。国連加盟国193ヶ国中、ウルグアイが部分的な合法化に踏み切り、医療大麻の使用と個人的な大麻の少量所持が法律的に許容されている国は、アメリカ、カナダ、イラエル、ベルギー、オーストリア、オランダ、イギリス、スペイン、フィンランドなど。2016年のギャラップ調査によると、アメリカ人の約60%が大麻の合法化を支持している。

厚生労働省が医療的な根拠としているのは世界保健機関 (WHO) の報告書

 現在、厚生労働省が医療的な根拠としているのは、世界保健機関 (WHO) の報告書だ。報告書によると、カンナビノイドは、進行したがんやエイズに伴う嘔吐のほか、喘息、緑内障、抗うつ、食欲刺激、抗痙攣などへの治療効果が臨床試験によって実証されている(参考:「Therapeutic uses of cannabinoids」)。

 その一方で、大麻の使用による健康被害や社会的影響は、アルコールやオピオイドの依存による有害事象よりも重篤ではないとしている(参考:「3.1.3 Treatment trends」)。

 米国独立科学評議会(ISCD)は、大麻の長期使用による認知機能の低下などの有害性を指摘しつつも、最も暴力や事故を引き起こすのは、アルコールであると『ランセット』に発表。だが、大麻による急性の中毒性精神病、被害妄想、誇大妄想、幻聴などの統合失調症のほか、心拍数の増加、心不全の発症のリスクもあるとしている(Phillips, Lawrence D; Nutt, David J; King, Leslie A [November 2010])。

 大麻と暴力の関係性はどうか? モントリオール大学のジュール・R・デューレ教授らは、2017年9月21日に「長期にわたる持続的な大麻使用は、アルコールおよびコカインの使用よりも、暴力に対するより恒常的な関係を示したと発表している(参考:Persistency of Cannabis Use Predicts Violence following Acute Psychiatric Discharge)。

2015(平成27)年の大麻取締法の違反による逮捕者は2101人

 さて、1948(昭和23)年に大麻取締法が制定されて70年足らず。2015(平成27)年の大麻取締法の違反による逮捕者は、2101人に上っている。
 
 芸能人の逮捕も引きも切らず多い。たとえば、勝新太郎、内田裕也、萩原健一、桑名正博、長渕剛、美川憲一、カルーセル麻紀、井上陽水、研ナオコ、押尾学などキリがない。

 なぜマリファナを常用すれば、セックスしたくなるのか? なぜマリファナに手を染めるのか? 薬物依存の深みに嵌る人間心理を解明するマスターキーはあるのか?

 その手がかりすら、人類は手に入れていない。
(文=編集部)