NGT48のセカンドシングル「世界はどこまで青空なのか?」のType-Aカップリング曲「大人になる前に」のミュージックビデオがオフィシャルYouTubeで公開された。この楽曲は、NGT48の中高生メンバー11人によるリアル学生選抜ユニット曲となっており、センターには、NGT48最年少14歳の唯一人の中学生メンバー“つぐみん”こと小熊倫実(おぐまつぐみ 新潟県出身)が初めて起用されたことでも、大きな話題となっている。

 MVは、新潟県南魚沼郡湯沢町エリアで撮影された。小熊が、劇場公演などで自己紹介するときに披露している「人差し指と人差し指で・・・つぐつぐ〜♪」という仕草を採り入れた“つぐつぐダンス”は、メンバーから妹のようにかわいがられている小熊の愛らしい魅力が全開で、まるで、メンバー達が本当のクラスメイトのように、楽しそうにはしゃぐ姿は、観る者誰もが、きっとほっこりした気持ちになるだろう。

 NGT48加入当時はまだ中学1年生12歳だった小熊を当時から見守るファンの間では、“NGT48の秘密兵器”とも呼ばれるなど人気の高い小熊は、11日に、メンバーで唯一人皆勤賞を続け、劇場公演300回出演を達成した、“NGT48シアターの女神”としても知られている。

 センターを務めた小熊は以下の通りにコメントしている。

「『大人になる前に』で初めて、楽曲のセンターを努めさせて頂きました。本当に嬉しいです! ありがとうございます! この曲はNGT48の学生メンバーのみでの曲で、MUSIC VIDEOではつぐつぐポーズが不思議な力を発揮して、色んなところへワープしたりしています。みんなの個性に合わせたパターンの制服を着ていたりと、NGT48の学生メンバーの魅力がぎゅっと詰まっている、素敵なMUSIC VIDEOになっています。

 この曲を聴いてくださった方が笑顔になったり、もっとNGT48のことを好きになってくださったり、たくさんの方に愛される曲になったらいいなあと思います! ぜひたくさん聴いて、振り付けも見て覚えてくださったらうれしいです!」

 NGT48『大人になる前に』MUSIC VIDEO Short ver. / NGT48