国際武道大vs立教大、関東学院大vs明治学院大…19日に関東2部昇格を懸け激突

写真拡大

 2018シーズンの関東大学リーグ2部昇格を懸けた大会、「平成29年度第50回関東大学サッカー大会」の予選グループ第3節が11日に行われた。

 Aブロックは、第2節までを終えて4チームが1勝1敗の大混戦で第3節を迎えた。東京経済大学と対戦した国際武道大学は56分、大野隆斗のクロスから中山陽介が頭で合わせ先制する。さらに71分には再び大野からチャンスを作ると、最後に決めたのはまたしても中山。2−0の勝利を収めた国際武道大が2勝1敗でAグループ1位となった。

 明治学院大学vs作新学院大学の一戦は、明治学院大が前半だけで3点のリードを奪うも、そこから作新学院大が反撃開始。45分に井上真冬、56分に岩原章人の得点で1点差に追い上げると、後半アディショナルタイムに吉澤柊が頭で押し込み、土壇場で同点とする。3−3で勝負はPK戦へ。4人が成功した明治学院大がPK4−3で粘る作新学院大を振り切り、Aグループ2位で昇格決定戦への出場権を手にした。

 一方、Bブロックでは、2戦2勝の関東学院大学が第3節でも勝負強さを見せた。前半終了間際に佐藤匠が先制点を挙げると、後半は大東文化大学のシュートを2本に抑え1−0で勝利。3戦全勝のBブロック1位で昇格決定戦に臨むこととなった。また、平成国際大学と対戦した立教大学は、28分までに2点を先行して試合を優位に進めたが、44分、49分と続けて失点。65分に佐藤誠司の得点で再び勝ち越すも、86分に同点弾を浴び、3−3でPK戦に突入した。結局、PK戦は4−5で敗れたものの、勝ち点1を積み上げた立教大はBグループの2位に入り、昇格への望みをつないだ。

 この結果、昇格決定戦の対戦カードは国際武道大vs立教大、関東学院大vs明治学院大に決まった。ここでの勝者2チームが2018シーズンの関東大学サッカーリーグ戦2部に昇格する。

 予選リーグの結果と昇格決定戦の対戦カードは以下のとおり。

■予選リーグ結果
《予選リーグAブロック》
第1節(10月29日開催)
東京経済大 1−0 明治学院大
作新学院大 1−3 国際武道大

第2節(11月4日開催)
東京経済大 1−2 作新学院大
明治学院大 3−1 国際武道大

第3節(11月11日開催)
東京経済大 0−2 国際武道大
明治学院大 3−3(PK4−3) 作新学院大

《予選リーグBブロック》
第1節(10月29日開催)
関東学院大 2−0 立教大
平成国際大 1−1(PK9−10) 大東文化大

第2節(11月5日開催)
関東学院大 2−0 平成国際大
立教大 5−1 大東文化大

第3節(11月11日開催)
関東学院大 1−0 大東文化大
立教大 3−3(PK4−5)平成国際大

■関東大学リーグ昇格決定戦
11月19日(場所:県立保土ヶ谷公園サッカー場)

第1試合 10時開始
国際武道大vs立教大

第2試合 12時10分開始
関東学院大vs明治学院大