有村藍里、近付く男性は「全員、有村架純目当て」と断言

写真拡大

タレントの有村藍里が、11月15日に放送された『良かれと思って!』(フジテレビ系列、毎週水曜22:00〜)にゲスト出演。有村の抱える闇が披露される形となった。

今回は、独身女性芸能人を呼んで、それぞれ結婚できない理由を探る検証企画を実施。恋愛経験も少なく付き合っても数か月しか続かないという有村は、結婚を夢見ているそうで「孤独死したくない」と理由を明かす。MCのバカリズムは「(考えることが)全部マイナスからなんですよね」と有村の抱える闇を指摘。そんな有村は、「生きることに絶望するんですよ。自分が嫌になります。これを治したくてバラエティ番組に出させてもらっています」と話すと、バカリズムから「これはリハビリか!」とツッコまれた。

また、結婚できない理由について、有村の親友が分析したというアンケートを紹介。親友は「男性不信すぎる。以前、藍里と現場で仲良く喋っていた男性がいたのですが、その男性がTwitterで“これで妹(有村架純)に一歩近付いた”と言っていたのを知ってしまった。それを機に男性不信になってしまった」と回答した。有村はこの件について「そういうのは結構あります。結局、妹に近寄りたいから“仲良くしてくれているのかなぁ”って」と説明。近付いてくる男性はどうしても妹目当てだと思ってしまうらしく「男性に限らず、みんなそうだと思っています」と言うのだが、MC陣は「そんなことない。気にしすぎ」と諭した。

このほか、ゲストで来ていた元なでしこジャパンの丸山桂里奈の元カレについて盛り上がる一幕も。酒の席を隠し撮りされた際に、芸人と大物俳優と付き合っていたことを暴露した。スタジオでは、それが誰なのかについて追求があり、丸山は「言えないです」と口を閉ざしたのだが、結局MCの劇団ひとりが付き合っていたという大物俳優の名前を聞くことに。耳打ちで名前を知ったひとりは「すげぇ〜! 日本の俳優のトップ10に入る。大好きな俳優さんです。(耳打ちで聞いた中で)一番スゴい」と驚いていた。