浦和を迎え撃つアル・ヒラルが誓う3年前のリベンジ ACL決勝での“ある日本人”との因縁とは

写真拡大

2014年以来のACL決勝に挑むサウジ強豪 3年前の「前代未聞の不当行為」への復讐に燃える

 浦和レッズは18日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦、敵地でのアル・ヒラル(サウジアラビア)戦に臨む。

 2007年以来となるアジア王者を目指す浦和だが、サウジの強豪はある日本人に対する恨みからリベンジに燃えていることが明らかになった。サウジアラビアの英語メディア「アラブニュース」が、「ヒラルのアル=アービドは、AFCチャンピオンズリーグでの“シドニー・ショック”のリベンジに出る」と報じている。

 浦和レッズをリヤドで迎え撃つ強豪は、2014年大会以来のACL決勝の舞台となる。その時はオーストラリアのウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(WSW)相手に2戦合計で0-1と惜敗しアジア王者を逃したが、アル・ヒラルにとって、14年11月1日に本拠地キング・ファハド国際スタジアムで行われた第2戦は忘れられない一戦になっているという。

「ヒラルの選手とファンは、前代未聞の不当行為の影響を受けることになった決勝を忘れることはできない」

 こう語ったのは、その試合に先発出場していたサウジアラビア代表MFナウワーフ・アル=アービドだ。3年前に起きた前代未聞の不当行為について、同メディアの記事ではある日本人の名前が登場する。

「ゴール前で数々の決定機を逃したが、ホームチームは日本人主審のユウイチ・ニシムラによって、3つの明確なペナルティーについて物議を醸すような否定をされた」

西村主審の判定を巡り試合後には調査を要求

 3年前のACL決勝第2戦で主審を務めていたのは、西村雄一氏だった。6万3763人の観衆が集結した頂上決戦で、第1戦を0-1で落としていたホームのアル・ヒラルは、3つのPKチャンスが認められなかったと改めて主張している。

 ペナルティーエリア内での微妙な判定として、アル・ヒラルの選手がWSWのDFやGKにペナルティーエリア内で倒されたように見えるシーンや、ボールがWSWの選手の手に当たりながらPKが取られなかったことが物議を醸し、試合後にはアル・ヒラル側がAFC(アジアサッカー連盟)に対して調査を要求する事態に発展していた。

「しかし我々はあの敗北で立ち止まらなかった。タイトルを勝ち取るという悲願を達成するために、我々の力と決意を強めてくれたんだ」

 負傷の影響で9月から1試合しかプレーしていないアル=アービドは、パリで精密検査を受け、浦和戦出場へ執念を燃やしているという。

「すべてのヒラルの選手とファンにとってAFCチャンピオンズリーグのタイトルを取ることは最も重要なゴールの一つ。我々には強力なチームが存在する。この大会では違いを示すパフォーマンスを見せることができていたし、ポジティブな成果を上げている。優勝するために死力を尽くすのみだ」

 超満員のスタジアムに乗り込み、アウェーの洗礼を浴びることになる浦和だが、アル・ヒラルの“日本”に対する復讐心にも立ち向かうことになる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images