ソフトバンクCM白戸家に新しい家族が登場 新シリーズはヒットなるか?

写真拡大

 ソフトバンクCMの大人気シリーズ「白戸家」の継続が決まり、新たなキャストとして俳優の古田新太(51)、竹内涼真(24)、杉咲花(20)が加わることなった。古田は初期メンバー・上戸彩(32)の夫役、竹内は息子、杉咲は娘役を務める。“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では、白戸夫婦の相性から、上戸の実生活での夫婦仲の話題で盛り上がった。

■視聴者も運気アップするCMに!

 CMで夫婦役を演じる上戸と古田の相性について、風水芸人・出雲阿国は「本当に結婚したほうがいいくらい抜群」と感心。さらに、運気のいい2人に引っ張られてCMを見る人の運気まで上がるそうなので、上戸と古田を中心にストーリー展開させれば人気シリーズになると語った。
 
■上戸彩、実生活での夫婦仲は?

 CMの夫婦仲の話から、上戸の実生活の話題に。上戸彩は2012年に、EXILEのリーダー・HIROと結婚。2015年に第1子が誕生している。順風満帆に見える結婚生活だが、不仲説や離婚危機のウワサも絶えない2人の相性はどうなのだろう。

 出雲阿国は「パフォーマーとして、経営者として、表舞台も裏方の大変さも知るHIROさんは常に周囲に気をつかっているはず。だからこそ、奥さんが支えてあげることが家庭円満の秘訣なんですが……」と人気者同士のすれ違いを心配した。上戸の家庭が白戸家のようにうまくいくには、上戸が仕事と家庭とのバランスをうまく保てるか、彼女の力量にかかっているようだ。
(梅子)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock